fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

邦画 2010~17年

<span itemprop="headline">映画「アンフェア the end」(2015) 篠原涼子主演、最終章。</span>

シリーズ完結編となる「アンフェア the end」(2015)をみた。キャッチコピーは「本当の愛を知ったとき、真実が明かされる-」。第一作目「アンフェア」は見ているが、「2」を飛ばしているので、人間関係、立ち位置を十分に把握できていないかもしれない。 …

<span itemprop="headline">映画「犬とあなたの物語 いぬのえいが」(2010)</span>

映画「犬とあなたの物語 いぬのえいが」(2010)を見た。2005年に大ヒットを記録した「いぬのえいが」に続く、人と犬の絆を描いたオムニバス映画の第2弾。犬の映画というと、泣かせるのが定番。 この映画も、6つのエピソードからならオムニバス映画だが、コ…

<span itemprop="headline">映画「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」(2017)</span>

「吉田類の『今宵、ほろ酔い酒場で』」(2017)を見た。全く予備知識無しで見たが、予想通り映画「深夜食堂」の居酒屋版といった映画で、居酒屋を舞台にした3つの物語が描かれるオムニバス映画。 人生のチャンスに見放された人々が集う「居酒屋チャンス」、…

<span itemprop="headline">映画「団地」(2016) 藤山直美、岸部一徳主演。</span>

映画「団地」(2016)を見た。日本を代表する名優である岸部一徳、藤山直美主演ということで関心があったが、劇場公開時に見逃していた。監督の阪本順治は「顔」(2000)で藤山直美主演の映画を撮っているが、藤山直美のスケジュールが2週間ほど空くと聞きつ…

<span itemprop="headline">映画「トワイライト ささらさや」(2014)</span>

「トワイライト ささらさや」(2014)を見た。映画が公開された頃、最初にタイトルを見たときには「ささらさや」の意味がわからなかったが、「ささら」は田舎町の地名。「さら(サラ)」は、新垣結衣(あらがき・ゆい)演じる主人公の名前。「トワイライト」…

<span itemprop="headline">映画「カメラを止めるな!」(2017)ミニシアター2館から全国公開へ拡大中。</span>

話題の映画「カメラを止めるな!」(2017)をようやく見た。イオンシネマ大宮にて。K's Cinemaなどミニシアター2館の上映から口コミで面白さが広がり、現在では全国規模での上映となっている。製作費はわずか300万円といい、8月の上旬現在で、今年の興…

<span itemprop="headline">映画「あゝ、荒野」(後編、2017)</span>

「あゝ、荒野」(後編、2017)を「前編」に続いて見た。岸善幸の監督により、前後編の2部作として2017年10月7日に「前編」、10月21日に「後編」が公開された。「前編・後編」合わせて約5時間!。原作は、1966年に刊行された寺山修司の唯一の長編小説。舞台を…

映画「あゝ、荒野」(前編、2017)。

「あゝ、荒野」(前編、2017)を見た。 映画は昨年10月7日(前編)と10月21日(後編)に2回に分けて公開された。 寺山修司が遺した唯一の長編小説「あゝ、荒野」{1966)を、菅田将暉&「息もできない」の韓国俳優ヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化…

<span itemprop="headline">映画「Seventh Code セブンス・コード」(2013)前田敦子主演。</span>

「Seventh Code セブンス・コード」(2013)を見た。黒沢清監督。トータル・プロデューサー・秋元康。主演、前田敦子。 この映画はもともと前田敦子の4枚目のシングル「セブンスコード」のミュージックビデオ(MV)として企画がスタート。前田敦子扮するヒロ…

<span itemprop="headline">映画「みなさん、さようなら」(2013)</span>

「みなさん、さようなら」(2013)を見た。団地から一生外に出ないと決意した男の姿を描く。原作は、久保寺健彦の小説。監督は「ゴールデンスランバー」の中村義洋。コミカルだが、ややビターな青春映画。濱田岳が絶好調。出演は「アヒルと鴨のコインロッカ…

<span itemprop="headline">映画「三度目の殺人」(2017)</span>

「三度目の殺人」(2017)を見たが、是枝裕和監督としては初の法廷サスペンス映画となった。真実が最後まで明らかにならずというストーリーにモヤモヤ感が残るが、それこそが是枝監督の狙いだったようだ。真実は明かさずに、観客に委ねるエンディングだった…

<span itemprop="headline">映画「関ヶ原」(2017)石田三成”視点”で描く天下分け目の戦い。</span>

昨日池袋・新文芸坐で見た2本目の映画は、司馬遼太郎原作小説の初の完全映画化「関ヶ原」(2017)。日本の歴史上でも類をみないほどの天下分け目の戦いを、約25年に渡り映画化を熱望してきた原田眞人監督が、石田三成の人物を通して、新しい解釈として描き…

<span itemprop="headline">★「2010年以降の邦画ベスト10」</span>

2010年以降の邦画で、かなりツボだったという映画を「邦画ベスト10」として選んでみた。基準は単純に「面白かった」で、映画賞とは無縁の映画や異色作が多い。コメント一言(50字以内)。 【1】「イニシエーション・ラブ」(2015)監督:堤幸彦★80年代の懐…

映画「アズミ・ハルコは行方不明」(2017)蒼井優主演。

「アズミ・ハルコは行方不明」(2017)を見た。 ある地方都市在住の、27歳の独身OL安曇春子(蒼井優)が突然行方不明となり、同時期に発生した「キルロイ」と呼ばれる若者が描くグラフィティ・アートや、女子高生ギャングが男性を襲撃する事件などとの関連を軸…

<span itemprop="headline">映画「トリハダ -劇場版-」(2012)</span>

「トリハダ 劇場版」(2012)を見た。いろいろな意味で意表をつかれた映画だった。劇場版というからには、ドラマがあったようだが、それも知らず、まったく予備知識なしで見たら、引き込まれた。元来、ドラマは、ホラー・オムニバスシリーズ「トリハダ〜夜ふ…

<span itemprop="headline">映画「聖(さとし)の青春」(2016)</span>

「聖(さとし)の青春」(2016)を見た。昨年(2016年)の東京国際映画祭のクロージング作品。第40回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞(松山ケンイチ)と優秀助演男優賞(東出昌大)を受賞。 1998年8月8日に29歳の若さで亡くなった棋士、村山聖の生涯・生き…

<span itemprop="headline">映画「高台家の人々」(2016)綾瀬はるか主演のラブコメ。</span>

「高台家の人々」(2016)を見た。「ごくせん」「デカワンコ」などで知られる漫画家・森本梢子(もりもとこずえこ)による傑作コメディマンガ「高台家(こうだいけ)の人々」の実写化。 妄想癖のある地味で冴えないOL・綾瀬はるかと、テレパシーで人の心が読…

<span itemprop="headline">映画「チア☆ダン」(2017)</span>

映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」(2017)を見た。タイトルが長いので、以下「チア・ダン」。女子高生の成長物語であるとともに青春エンターテイメント映画として面白かった。いまや人気絶頂の広瀬すずが主演。2009…

<span itemprop="headline">★ベネチア映画祭できょう「三度目の殺人」上映(是枝裕和監督)。</span>

是枝裕和監督の「三度目の殺人」がきょう、ベネチア映画祭で上映されるという。その記念にか、今日のスポーツ紙は1面、最終面も含む特別構成が目についた。きょうの「サンケイスポーツ」の紙面は特別構成の”2本立て”。通常面は、野球だが「三度目の殺人」が4…

映画「淵に立つ」(2016)

「淵に立つ」(英題:Harmonium、2016)を見た。日本・フランス合作のドラマ映画である。監督は「歓待」「ほとりの朔子」などの深田晃司、主演は浅野忠信。 第69回カンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門の審査員賞を受賞。 キネマ旬報・日本映画ベスト・テン…

<span itemprop="headline">映画「この世界の片隅に」(2016)</span>

「この世界の片隅に」(2016)を見た。昨年は邦画の豊作の年で「シン・ゴジラ」「君の名は。」「湯を沸かすほどの熱い愛」「怒り」などが記憶される。とりわけアニメでは「この世界の片隅に」は、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第90回キ…

<span itemprop="headline">映画「永い言い訳」(2016) 西川美和監督最新作。</span>

「永い言い訳」(2016)を見た。原作・脚本・監督は西川美和。原作は直木賞候補作になった。2017年キネマ旬報ベスト・テン5位。主演は本木雅弘、共演は竹原ピストル(日本アカデミー賞助演男優賞受賞)、深津絵里、黒木華、池松壮亮、堀内敬子ほか。 出演陣…

<span itemprop="headline">映画「SCOOP!」(2016) 福山雅治主演。</span>

「モテキ」の大根仁監督が、1985年の原田眞人監督作品「盗写 1/250秒」を基に、主演に福山雅治を迎えての写真週刊誌のカメラマンのパパラッチぶりを描く。元スターカメラマンで、いまは芸能スキャンダル専門のしがないパパラッチ(福山雅治)と、その見習い…

<span itemprop="headline">映画「チチを撮りに」(日本映画、2012)</span>

「チチを撮りに」(英題:Capturing Dad、日本映画、2012)を見た。昨年「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016)で話題になった監督・中野量太の長編デビュー作。2000年から短編は撮っていたが「チチを撮りに」で長編に初挑戦。映画は、国内のみならず外国でも評…

<span itemprop="headline">映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016)</span>

「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016)を見た。昨年10月に劇場公開され、見た人の評判がよく、日本アカデミー賞では、最優秀主演女優賞(宮沢りえ)、最優秀助演女優賞(杉咲花)などを受賞。「優秀賞」はそれぞれ5人いて、アメリカのアカデミー賞のノミネート…

<span itemprop="headline">映画「22年目の告白 - 私が殺人犯です - 」(2017)</span>

「22年目の告白 - 私が殺人犯です - 」(2017)を見た。MOVIXさいたま(初回9:00)にて。最近、あちこちのブログで紹介されており、できるだけ目に入る情報を控えてみた。それで正解だった。「結末は絶対に言わないでください」「ネタバレはみないで」的な映…

<span itemprop="headline">映画「一命」(2011) 市川海老蔵主演。</span>

三池崇史監督の「一命」(2011)を見た。仲代達矢主演「切腹」(1962)のリメイク。音楽・坂本龍一、主演・市川海老蔵という豪華スタッフ&キャストによる史上初の3D時代劇。原作は滝口康彦の「異聞浪人記」。出演は、市川海老蔵のほか、瑛太、満島ひかり、役所…

<span itemprop="headline">映画「シン・ゴジラ」(2016)2回目の鑑賞。</span>

第40回日本アカデミー賞で「シン・ゴジラ」が最優秀作品賞や最優秀監督賞を含む最多7冠に輝いたのは記憶に新しい。とくに技術部門を総なめにして、他を寄せ付けぬ圧勝となった。 現代日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を…

<span itemprop="headline">映画「リップヴァンウインクルの花嫁」(2016)黒木華、初主演。</span>

「リップヴァンウィンクルの花嫁」(2016)をみた。ちょうど1年前の2016年3月26日公開。脚本・監督は岩井俊二。黒木華(はる)の単独初主演作品。日本アカデミー賞優秀主演女優賞(黒木華)受賞。黒木華とCoccoの演技のうまさ、綾野剛の口八丁の胡散臭さが妙…

<span itemprop="headline">映画「恋人たち」(2015)キネマ旬報ベストテン第1位。作品賞、脚本賞受賞。</span>

2015年度キネマ旬報第1位の映画「恋人たち」(2015)を見た。タイトルのイメージとは180度異なり、いろいろな意味で衝撃を受けた。日常の生活の断片をまるでアドリブのように(実際にアドリブも多かったようだ)、出演者の7、8割は新人で素人というのがリア…