fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

【アカデミー賞予想】3月11日(月)朝7時発表。fpdの予想はいかに…?

第96回アカデミー賞授賞式が3月11日(月)朝7時~(日本時間)開催されます。アカデミー賞の”前哨戦”と言われるゴールデングローブ賞ではドラマ部門の作品賞、監督賞、主演男優賞は「オッペンハイマー」が受賞。コメディ・ミュージカル部門の作品賞、主演女…

【新作映画】アカデミー賞ノミネート作品以外で見たい新作映画6選。

アカデミー賞授賞式が3月11日午前7時(日本時間)開催されるが「アカデミー賞予想クイズ」もまもなく「四丁目」ブログでスタートする。 このクイズには、fpdの予想がどこまで当たるかという、fpdの目利きを問うクイズも含まれているらしい(笑)。 それはと…

【本】「木次線と『砂の器』」昨年12月発刊。今年は映画「砂の器」公開50周年。

「木次線と『砂の器』」という本が昨年12月に発刊された。今年は映画「砂の器」(1974)が公開されてちょうど50周年を迎える。東京・東銀座の「松竹セントラル」でこの映画を見て大感動して半世紀か。感慨深い。 この本の解説によると、あの伝説の名シーンは…

映画「秘密への招待状」(原題:After the Wedding、2019)を見る(埼玉会館小ホールにて)

「秘密への招待状」(原題:After the Wedding、2019)を埼玉会館小ホールで見る。埼玉映画ネットワークの2月定例上映会作品。 監督はバート・フレインドリッチ、主演はジュリアン・ムーアとミシェル・ウィリアムズ。本作は2006年公開のデンマーク映画「アフ…

映画「せかいのおきく」(2023)を見る。「第97回キネマ旬報ベスト・テン」第1位(作品賞)。

「せかいのおきく」(2023)は、テーマが江戸時代末期の厠(かわや:便所)の屎尿(しにょう)・ふん尿を安く買い、それを下肥(しもごえ=肥料)として農村に売るという、循環型社会を支えた下肥売買の若者らの青春を描いた物語。 「第97回キネマ旬報ベスト…

【ドラマ】「不適切にもほどがある」(第5話)も”昭和”の小ネタ満載で快調。

俳優の阿部サダヲ主演のTBS金曜ドラマ「不適切にもほどがある」の第5話は、これまでのように昭和の“小ネタ”が満載。昭和世代には懐かしいが、平成以降の若い世代には、理解不能でリタイヤもあるのだとか。 序盤、昭和から現代で“まさかの転身”を遂げた人物(…

【大相撲春場所】新番付発表(3月10日初日)、新大関の琴ノ若で4大関。

今年中にもう一つ「上」に上がれるか・・・? 日本相撲協会は26日、大相撲春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表した。新大関の琴ノ若は西の張出大関となった。 新大関誕生は昨年秋場所の豊昇龍以来。日本出身力士としては令和4年春…

【映画賞】「全米映画俳優組合(SAG)賞」…「オッペンハイマー」主演男優・助演男優など3冠。

第30回「全米映画俳優組合(SAG)賞」授賞式が2月24日(現地時間)にカリフォルニア州ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われ、今回はじめてNetflixで生配信されたので見た。 俳優のみを表彰する全米映画俳優組合賞は、13万人を超えるパフォーマ…

映画「ナイアド ~その決意は海を越える」(原題:Nyad、2023)を見る。アネット・ベニングがアカデミー賞主演女優賞にノミネート。

映画「ナイアド ~その決意は海を越える」(原題:Nyad、2023)を見る。主演はアネット・ベニング(65歳)とジョディ・フォスター(62歳)。 60歳をを過ぎて“水泳界のエベレスト” とも言われるキューバからフロリダまでの約180キロに及ぶ海峡を泳破するとい…

映画「落下の解剖学」(原題:Anatomy of a Fall、2023、フランス)を見る。

映画「落下の解剖学」(原題:Anatomie d'une chute/Anatomy of a Fall、2023)はフランス映画で、第76回カンヌ国際映画祭でのパルムドール(最高賞)とゴールデングローブ賞の2冠に輝いた法廷サスペンス映画。 夫が不審な転落死を遂げ、彼を殺害した容疑で…

【コーヒーブレイク】「ChatGPT に聞いてみた」「死ぬまでに見ておきたいハリウッド映画を挙げてください」

【fpd】Q: 死ぬまでに見ておくべきハリウッド映画について教えてください。 【ChatGPT】 A: もちろんです!以下はさまざまなジャンルや時代のハリウッド映画の中から、死ぬまでに見ておくべきと考えられるいくつかを挙げてみます。これはあくまで個人的なお…

映画「PLAN75」(2022)は「安楽死容認」などシリアスな高齢問題にメス。

「PLAN 75」(2022)は気が滅入るようなテーマの他人事ではない高齢問題を扱った重たい映画。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。映画の宣伝文句の「終活を考えるシニア必見」というのが厳しい現実を突きつける(笑)。 75歳以上の高齢者に対して自…

【訃報】女優・山本陽子(「華麗なる一族」「八つ墓村」&「山本山」CM)死去。81歳。

映画「華麗なる一族」「八つ墓村」などに出演し、舞台、テレビで数々の作品に出演した女優の山本陽子が20日に急性心不全のため静岡・熱海市内の病院で死去したことが21日、分かった。81歳。 2月2日にはテレビ出演し、晩年も仕事への意欲を見せていた…

【映画賞】第77回英国アカデミー賞は2作品が主要部門独占「オッペンハイマー」7冠「哀れなるものたち」5部門。

第77回英国アカデミー賞(BAFTA)でも「オッペンハイマー」が7冠と圧勝した。BAFTA授賞式が2024年2月18日(現地時間)、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで開催され、原爆の父を描いたクリストファー・ノーラン監督の「オッペンハイマー」が作品…

映画「弱くて強い女たち」(原題:孤味/Little Big Women、2020)を見る。台湾のヒューマンドラマ。

「弱くて強い女たち」(原題:孤味/Little Big Women、2020)を見る。地味ながら味わいのある台湾家族のドラマだった。肝っ玉母さんを中心とした3人の娘たちの個性が光るドラマ。 台湾の家族モノの映画をじっくり見る機会は少ないが、兄弟、姉妹と言っても…

【コーヒーブレイク】中国で「百円の恋」リメイクが日本映画リメイクの最高興収を記録。

中国映画産業の最高監督機関である中国電影管理局の統計によると、春節(旧正月、Lunar New Year)の中国では、国内映画史上最高の興行収入を記録した。 春節(2月10日から17日まで)の連休期間中、1億6300万枚のチケット販売で80億2000万元(約1674億3675万…

【コーヒーブレイク】2023年はトイレ清掃2作品が話題。テイラー・スウィフトの日本についての発言で中・韓が反発し炎上?。

2023年は偶然にもトイレ清掃などに関する2作品(「パーフェクトデイズ」「せかいのおきく」)が賞レースで話題になった。 「せかいのおきく」は、レンタルで見つからず未見のままだが、厠(かわや、寺所有の公衆便所)のひさしの下で、雨宿りをしていた紙屑…

【東京ぶらぶら歩き】②「渋谷編」…渋谷周辺の激変ぶりは「東京人」でも迷路で迷う。

渋谷駅前ハチ公口は身動きできないほど スクランブル交差点は、人がよくぶつからないものと感心する(笑) 渋谷駅周辺の再開発は「100年に1度」の大規模な再開発と言われる。渋谷駅周辺エリアは、訪れるたびに新しい発見を提供してくれる。 渋谷界隈の最終…

【東京ぶらぶら歩き】①「上野・京橋編」…上野公園&京橋・国立アーカイブ「和田誠 映画の仕事」展示会。

きのうはメイン・イベントの「キネマ旬報表彰式」(5:30~)の参加を逆算して、午後2時くらいから、上野、後楽園、東京、銀座、渋谷などをぶらぶら歩きした。 【上野】 2月21日から上野の東京都美術館で「出張!江戸東京博物館」というのが開催されるので、…

【映画祭】「第97回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式に出席。阪本順治監督、塚本晋也監督、二階堂ふみなどが登壇。

「第97回キネマ旬報ベスト・テン」表彰式がきのう18日、東京・渋谷のオーチャードホールで開催されたので参加しました。司会はこの表彰式の司会は18回目という笠井信輔フリーアナウンサー。97回目を迎えるキネ旬ベスト・テン賞は米アカデミー賞よりも1回長…

【コーヒーブレイク】データバックアップ用USB(32GB)購入。

スマホが登場する前は、デジカメで撮った写真はSDカード(8GB)などをコンビニに持ち込んでプリントをしていた。写真数枚程度のプリントはバッファローの32MB(メガバイト)で十分だった。 32MBのUSBと8GBのSDカード 2,3年前にパソコンのデータを誤って消失…

【アラン・ドロン】現在88歳のドロンが「100歳になったら…」(( ノД`)シクシク…)

www.youtube.com 1960年代~1970年代にかけて「世紀の二枚目」と言われたアラン・ドロンも現在88歳の米寿(1935年11月8日生まれ)。 若い写真(20歳)から、100歳まで生きた場合の写真があった。ジャック・ニコルソンの「シャイニング」のようで、見ないほう…

【映画祭】第74回「ベルリン国際映画祭」が開幕(25日まで)。

第74回「ベルリン国際映画祭」が、2月15日(現地時間)始まりました。25日まで開催。本映画祭は1951年からドイツ・ベルリンにて毎年2月に行われている国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭で、カンヌ国際映画祭、ベネチア国際映画祭と並ぶ“世界三大…

映画「悪女」(原題:惡女/Lost in Perfection, 2023)は台湾のサスペンス映画。

どう見てもトム・クルーズに似ている⤴。 映画「悪女」(原題:惡女/Lost in Perfection, 2023)は、台湾のサスペンス映画。テンポはいいものの味付けがもう一つか。面白さでは最近見た中国映画「妻消えて」に劣るが、台湾映画もなかなかだ。 練炭による連続…

映画「ラーゲリより愛を込めて」(瀬々敬久監督、2022)は運命に翻弄された2人の実話。

「ラーゲリより愛を込めて」(2022)を見る。監督は「64-ロクヨン-前編/後編」の瀬々(ぜぜ)敬久、主演は二宮和也。日本アカデミー賞で優秀主演男優賞と美術賞を受賞。 共演は北川景子、松坂桃李、桐谷健太、安田顕、中島健人、寺尾聰、市毛良枝、渡辺真起…

【今日は何の日】バレンタインデーでしたか。鉄腕アトム・チョコ届く(べべちゃんから)。

きょうは2月14日「バレンタインデー」。川崎のブリジット・バルドー(BB)こと、べべちゃんからチョコレートが届きました。べべちゃん、ありがとうございます♪ ミルク・チョコレートがおいしかった。 鉄腕アトムの缶ケースがいいですね。早速、キーの容器と…

【第76回全米監督組合(DGA)賞】「オッペンハイマー」クリストファー・ノーラン監督が初受賞(5度目の正直)

第76回全米監督組合(DGA)賞で映画「オッペンハイマー」のクリストファー・ノーラン監督が栄冠を手にした。 ノーラン監督は「メメント」「ダークナイト」「インセプション」「ダンケルク」で4回ノミネートされてきたが今回、5度目の正直、初受賞を果たした…

【コーヒーブレイク】「映画街」日比谷・有楽町、現在は東宝(TOHOシネマズ)1強。

日比谷・有楽町は、映画街として活況を呈していた都内屈指の映画ファンのための場所だった。現在は、TOHOシネマズ、東宝系列のシネマシャンテが中心の藤井八冠のような「東宝1強」の街となっている。 そもそも明治後期に西洋式劇場の「有楽座」「帝国劇場(…

【アカデミー賞シリーズ】映画「ラスティン ワシントンの「あの日」を作った男」(2023)アカデミー賞主演男優賞ノミネート

「ラスティン ワシントンの「あの日」を作った男」(原題:Rustin、2023)はアメリカの公民権運動映画。「マ・レイニーのブラックボトム」(2020)のジョージ・C・ウルフ監督の作品であること、アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされている作品というこ…

【清水観光旅行】④清水次郎長(生家・博物館・墓)、清水魚市場…。

徳川家康の墓などがある久能山東照宮を見学した後、清水といえば次郎長と言われるほど有名な次郎長の生家や次郎長博物館に向かった。 生家近くの専用駐車場にパーキング。 生家と少し離れたところに「清水次郎長博物館」や庭園と次郎長と大政など子分の墓が…