fpdの映画スクラップ貼(喫茶室)

映画中心のブログです。その他、ドラマ・俳優・音楽・日常など。

訃報:「ロミオとジュリエット」フランコ・ゼフィレッリ監督、死去。96歳。


f:id:fpd:20190616103250j:plain

映画「ロミオとジュリエット」(1968)のフランコ・ゼフィレッリ監督がローマで亡くなった。96歳だった。AP通信などが伝えた。

f:id:fpd:20190616103344j:plain

ゼフィレッリ監督といえば「ロミオとジュリエット」であり、オリビア・ハッセー。10代で劇場で見た当時は、”運命の皮肉”に涙したが、監督の名前ゼフィレッリを覚えるのに舌を噛みそうだったという記憶がある。
 
ゼフィレッリ監督は、イタリア中部フィレンツェ出身。
ルキノ・ヴィスコンティのスタッフとして演劇界入りし、主に美術・装置を担当。ヴィスコンティが映画に進出すると、その助監督も経験。間もなく自らも映画監督を手掛けるようになった。
 
古典劇をベースにした清爽な青春映画で知られる。
1968年ロミオとジュリエットでは原作に忠実でオリビア・ハッセーレナード・ホワイティングティーンエイジの役者を主役に起用して世間を驚かせ、シェイクスピアの映画化としては最高のヒットを記録させた。オリビア・ハッセーは当時16歳で、その清楚で可憐な美しさで大人気になった。
 
イメージ 2イメージ 3
ハッセーは「ロミオとジュリエット」以外では「暗闇にベルが鳴る」(1974)などがある。作品的にはあまり恵まれなかったが「ロミオとジュリエット」の影響は絶大で、1960年代後半から1970年代初めにかけて日本の映画雑誌の「スクリーン」「ロ ードショー」などの表紙を何度も飾った。 
 
ゼフィレッリ監督作品では「ブラザー・サン シスター・ムーン(英:Brother Sun Sister Moon、1972)も印象に残る。中世の修道士、聖フランチェスコの物語を題材に、信仰に目覚めた若い日々に焦点を絞ることで青春映画の快作に仕立て上げた。音楽も素晴らしかった。
 
そのほかではジョン・ヴォイト、フェイ・ダナウエイ主演の「チャンプ」(1979)ブルック・シールズが人気となった「エンドレスラブ」(1981)オテロ」(1985)「ハムレット」(1990)「ジェイン・エア」(1996)「ムッソリーニとお茶を1998)永遠のマリア・カラス2002、遺作)などを監督。オペラの演出でも知られた。
 
ニュースで知ったときは、50年前の名作ロミオとジュリエット」の監督が存命だったことに驚いた。人生100年時代というが、96歳は大往生だ。
 
ご冥福を祈ります。

★エンゼルス・大谷翔平、”ショータイム”:「サイクルヒット」編。

f:id:fpd:20190615070956j:plain

f:id:fpd:20190615071020j:plain

エンゼルス大谷翔平が3番DHで出場し、1回に本塁打(4)、3回に二塁打(2)、5回に三塁打(3)、7回に中前打(1)を放ち、メジャーで日本選手初のサイクル安打を達成した。13日(日本時間14日)の成績は4打数4安打で、打率は.281に上昇し、本塁打8本と絶好調だ。
 
大リーグに詳しいあるコメンテーターによると、大谷の年間30本本塁打100%確実と語り、40本も可能性があるという。テレビのニュースでは、直近の10試合では2試合に1本の本塁打を打っており、残り試合数との関連で40本越えも夢ではなさそうだ。
 
■「四丁目」ギドラさんブログで、大谷選手の年間成績予想というのを行っているが、下方修正してしまった。当初は3割、100本、35本と予想したが・・・。
 
 fpdの現実予想:打率:2割9分以上 打点:100点以上 本塁打25本以上
 (予想は小刻みであり、打点などは10点刻み、本塁打は5点刻み)
 35本打った場合は、「35本以上」が正解で、「25本以上」は不正解となる。
     
いずれにしても、今年は「オオタニ・サ~ン」には目が離せない。

映画「パピヨン」(原題:Papillon、1973)を再見。リメイクは今月21日公開。

f:id:fpd:20190614131713j:plain

パピヨン」(原題:Papillon1973)がリメイクされて今月21日に公開されるというので、オリジナルを再見した。劇場初公開は1974年3月で、たしかテアトル東京で見た。

 当時は、主人公のパピヨンが、独房で「なんでも食べてやる」とゴキブリも食べてしまったり、収容所では、二度逃亡を図るとこうなるぞと”ギロチン刑”をみせしめのために囚人に見せるなどキツ~いシーンが印象的だった。
 
細かいところは忘れていたが、「砂の器」でも不治の病と言われたハンセン病患者の強烈な姿や、一方では、島の若い娘など地元民たちとの交流などのどかなシーンもあった。やはりラストシーンがいい。
 
ラストシーンの大海原(おおうなばら)に即席の布のずた袋でつくった浮き輪を下から支えている水夫と思しき緊急救助スタッフの全身の姿が見えてしまうのは、後から知って今回確認したが、気になるといえば気になる。
 
監督は「猿の惑星」であっと言わせ「パットン大戦車軍団」ではなんとアカデミー賞作品賞、監督賞など7部門をさらったフランクリン・J・シャフナー。音楽は「猿」「パットン」でもコンビを組み「砲艦サンパブロ」「トラ・トラ・トラ!」などで知られるジェリー・ゴールドスミス。主演はスティーブ・マックィーンダスティン・ホフマンという当時の2大スターの共演。
 
・・・
(簡単なストーリー)
ケチな金庫破りで捕まった男スティーブ・マックィーン
その男は胸に蝶の刺青を入れていることから「パピヨン(蝶)」とあだ名されていた。パピヨンは仲間の裏切りに遭い、殺人など幾つもの罪を着せられた末に終身刑の判決を受けてしまう。
 
この刑を受けた人間は、祖国フランスを追放される上に南米ギアナデビルズ島で過酷な強制労働が科せられるのだった。パピヨンは脱獄を決意。
 
しかし、それには看守を買収した上、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。そこでパピヨンは同じ服役囚のドガダスティン・ホフマンという男に目を付ける。ドガ国債偽造で逮捕された男で、今もその腕が噂される偽札作りの天才だった。当初パピヨンドガと取引することで逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく・・・。 
 
イメージ 3
・・・
”マックィーンは独房がお好き?”
大脱走」でも懲りずに脱獄を試みるが、結局捕まって独房に戻って、壁に向かってボールを投げる。「パピヨン」でも、独房にいるときに、ココナッツの差し入れが発覚して「誰からもらったか」所長から厳しく問われるが、ボケたフリをして口を割らない。
 
イメージ 1
一旦、脱獄に成功するがまた、舞い戻ってきて、さらに過酷な5年の刑期を終える。頭は真っ白になる。ドガを最後まで裏切ることはなかった。
 
刑務所には「Silence(沈黙)」と壁にかかれ、独房には、四角の窓が2つあり、時々、看守から開けられる。下の窓は、動物でも遠慮するような、食べ物とは言えない、ゴキブリも混じった食料の受け渡しが行われ、上の窓はそこから首まで表に出せるようになっていて、散髪をしたりする。
 
印象に残るシーン。
独房の隙間からパピヨンがとなりを見ると、疲れきったような老人の顔。
その男が「俺の顔はどう見える。自分では元気だと思っているが」というので「元気そうだ」と答えるパピヨン
 
しばらく時が経過して、首を出すと隣には、以前の老人の顔は見えない(獄死したのだ)。そして、またしばらくして、パピヨンが顔を出すが、パピヨンの顔はかつて隣にいた老人のように憔悴しきった顔だった。パピヨンが、となりの新米らしき男に、今度は「俺はどのように見えるか」と聞くのだ。
 
所長がやってきて、パピヨンに「誰が(ココナッツを)渡したか言え」というと「前は覚えていたが、完全に忘れた、検事さん」と所長にいうのだ。所長は、「もうじき死ぬな」と部下にささやく。
 
この映画の撮影時、スティーブ・マックィーン1930年3月24日 - 1980年11月7日は、43歳。その後、わずか50歳で生涯を閉じたが、最も脂がのった時代だったかもしれない。一方、ダスティン・ホフマン1937年8月8日 –)は36歳。ホフマンは今も現役。
 
マックィーンはクリント・イーストウッド(1930年生まれ)と同い年。
マックィーンは、来年没後40年を迎え、現役時代をリアルタイムで知っている世代も少なくなってきた。
 
1960年代~1980年代の映画をリアルタイムで見てきた世代にとっては、あの頃の映画が最も充実していたなと思うのは、シニアの証拠か?(笑)。
 
■「パピヨン」のリメイク作品:
実は2年前の2017年9月7日、第42回トロント国際映画祭でプレミア上映された。
2018年5月22日、オフィシャル・トレイラーが公開され、全米公開は2018年8月24日だった。日本での公開は今月21日。
 
イメージ 4
             パピヨンはマックィーンに似ている?
新作でパピヨンを演じるのは「パシフィック・リム」のチャーリー・ハナムで、ダスティン・ホフマンが演じたドガボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレックが演じている。俳優の演技は素晴らしいとしながらも、評論家の評価はイマイチだったようだ。
 
・・・
音楽(ラストシーン):https://blogs.yahoo.co.jp/fpdxw092/57799471.html
 
 
 
 

映画「ゴジラ  キング・オブ・モンスターズ」(原題:Godzilla: King of the Monsters、2019)

f:id:fpd:20190612161442j:plain

ゴジラ  キング・オブ・モンスターズ」(原題:Godzilla: King of the 
Monsters、2019)を見た。MOVIXたさいたまにて(8:15~)。巨大モンスターの代名詞として不動の人気を誇る日本の怪獣王をハリウッドがリブートしたのが5年前に公開された「GODZILLA ゴジラ」(2014)。今回は、そのシリーズ第2作。
 
前作から5年後の世界を舞台に、モスララドンキングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。
 
日本のゴジラ映画シリーズでかつて登場した主要怪獣が登場するオールスター戦のような戦いがあり、キング(王)はやはりゴジラ、というタイトル通りの映画。
 
出演は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のカイル・チャンドラー、「マイレージ、マイライフ」のベラ・ファーミガ、これがデビューとなるミリー・ボビー・ブラウン、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」のチャールズ・ダンス、「シェイプ・オブ・ウォーター」のサリー・ホーキンス、「SAYURI」のチャン・ツィイー渡辺謙ほか。
 
 イメージ 10イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
写真は、上から、ゴジラモスララドンキングギドラ
闘いは、ゴジラ頭が3つあるキングギドラの対決。迎え撃つ人類はゴジラのライバルであるギドラに対抗できるのは「あれ」しかいないと眠れる獅子を起こすのだ。ただし、その代償は大きかった。
 

f:id:fpd:20190612193023j:plain

・・・
2014年のゴジラとムートーのバトルで破壊された直後のサンフランシスコ
マークラッセカイル・チャンドラー)とエマラッセベラ・ファーミガ)が必死に息子アンドリューを探すシーンから映画は始まるが、子どもは見つからず亡くなった模様。
 
 写真は、上がマーク、下はエマとマディソンの母娘。
エマ博士とその娘マディソンラッセミリー・ボビー・ブラウン)が中国でモスラの孵化(ふか)に立ち会っていたところアラン・ジョナ(チャールズ・ダンス)率いるテロリスト軍団が襲撃する。
 
 写真は上がテロリストのリーダー(右)、下は、グレアム博士(左)と芹沢博士
研究所の人々は殺されたが、怪獣と交信できる装置「オルカ」とともにエマとマディソン母子が誘拐される。芹沢猪四郎博士渡辺謙は、秘密機関であるモナークとともにエマの元夫で「オルカ」の開発者であるマークと協力して、彼女たちを取り戻そうと立ち上がる。
 
実はエマ母子テロリストとグルになって、南極で眠っていたモンスターゼロキングギドラや、メキシコの火山で冬眠中だったロダンラドン)などをを起こしてしまうことで、大混乱が巻き起こるのだが・・・。
 
・・・
エマのとった行動は、元夫や芹沢らにとっては不可解であり、理解に苦しんだが、地球の消滅を回避するために世界中で眠っている怪獣を呼び起こすというのが狙いだった。芹沢博士渡辺謙ゴジラに向かって行き「さらば、友よGood Bye, old friend!)」と言うセリフがあり、事態が激変する。
 
最新の特殊効果技術を使った映像は大迫力。
軍用機によるキングギドラとの空中戦、怪獣同士の放射熱線合戦、大都市の壊滅する光景などは目を見張る。もともと長尺だったようだが、上映時間は1時間30分程度(1時間32分)に圧縮、あっという間に終わった印象。
 
渡辺謙は、完全にハリウッド映画人のひとりとして溶け込んでいる。
久々にハリウッド映画に登場した研究仲間のチャン・ツィイー写真下)とハグをするシーンもあり大物感が漂う。
 
イメージ 8
次回作もすでに製作が決定しており、ゴジラキング・コングの最終決戦となり、2020年公開の予定。この映画で日本の小栗旬がハリウッドデビューを果たすことになる。
 
原題:Godzilla: King of the Monsters
2019/アメリカ 上映時間132分
監督・脚本:マイケル・ドハティ
脚本:ザック・シールズ
撮影:ローレンス・シャー
音楽:ベアー・マクレアリー
出演:
ベラ・ファーミガエマラッセ
ミリー・ボビー・ブラウンマディソン・ラッセ
サリー・ホーキンスヴィヴィアングレア
渡辺謙芹沢猪四郎
トーマス・ミドルディッチ
オシェア・ジャクソン・Jr.
 
 

7月期ドラマ「ノーサイド・ゲーム」(池井戸潤原作)クランクイン。主演・大泉洋。

f:id:fpd:20190609232218j:plain

現在放送中の日曜劇場「集団左遷」も残りあと2回と佳境に入ってきた。
三上博史演じる三友銀行の専務の憎々しさとうすら笑いには、こいつはいつかギャフンと言わせ鉄槌をくださなくては…と思うがなかなかしっぽを掴ませない。来週が最終話から二番目となり、そろそろ正義が勝つ…という雰囲気にはなってきたが。
 
イメージ 5
集団左遷!」の後釜番組としてスタートするのが7月スタートの「ノーサイド・ゲーム」。主演が大泉洋で、先日クランクインを迎え、テレビで初日の感想を明かしていた。

原作は、6月13日(木)にダイヤモンド社から刊行される池井戸潤書き下ろしの同名新作小説。左遷された男が低迷するラグビー部と共に、再起を目指す物語を描く。

大泉洋が演じるのは、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。出世レースの先頭に立ち、幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に飛ばされてしまう。しかも低迷するトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーとの兼務まですることに――。

大泉洋が、今回クランクインして最初に撮影したのは、トキワ自動車の本社がある設定の丸の内界隈を歩くシーン。異動が決まった君嶋は、肩を落とす…。
 
イメージ 1
撮影が行われたのは、休日の早朝。約300人のエキストラが集まった。
休日とは思えない、まるでオフィスタイムのような喧騒を再現。
 
そんな光景に大泉洋も「早朝からとんでもない数のエキストラがいらっしゃってました。演出の福澤さんらしい大変豪華な迫力のある映像と、エキストラの数はやっぱスゴイなと思いました」と驚いた様子。
 
大泉洋とエキストラは、カメラの位置や角度を変えて撮影するため、一定の距離を何度も歩いた。

また、大泉洋は「先日の顔合わせのときに福澤さんが『日曜のよる9時にこのノーサイド・ゲーム」を見て日本国民に元気になってほしいんだ』と仰っていて、その言葉がすごくしっくりきました。そういう大きな使命をもって私もこのドラマに挑もうと思いましたよ。私たちはこの『ノーサイド・ゲーム』で日本国民を元気にします!(笑)」と改めてこれからの撮影に力を入れた。
 
大泉洋は飄々としたイメージだが、今回はしっかりとしたサラリーマンを演じるようだ。その妻役には松たか子が扮している。
 
イメージ 6
来年には「半沢直樹」が帰ってくるが、その前に、この「ノーサイド・ゲーム」にも期待が高まる。「のんある気分」を飲みながら楽しみにしたい。
イメージ 7
 
 

映画「翔んで埼玉」のブルーレイ(豪華限定埼玉版)&DVDの発売が「9.11」。

f:id:fpd:20190608115935j:plain

映画「んで埼玉」のブルーレイDVDの発売が「9.11」と決まった。
なかでも初回生産限定豪華埼玉版 Blu-rayというのが、埼玉県人には魅力に映る。なんと封入特典として世界埼玉化計画必需品を予定しているというのだ
イメージ 1
果たしてどんなアイテムとなるのか、今から気になるところ。
まさか、草の種だけはやめてほしい。「草加せんべい」「深谷ねぎ」「十万石まんじゅう」の詰め合わせとか(笑)。
 
一部では「BIG深谷ねぎキーホルダーや「クリアファイル」などが含まれているようだ。名産をキーホルダーにするとはいいアイデアかも知れない。
 
同じく初回生産限定豪華埼玉版豪華版には、公開記念特番逆お国自慢日本一決定戦!の映像やメイキング集、インタビュー集などが収められ豪華映像特典が満載だというこちらの豪華版は、あまり興味を惹かないが。
・・・
「翔んで埼玉」は、上映回数は減ったものの、埼玉県内では、MOVIXさいたまを始め複数の劇場で毎日1回程度は公開されていて、満席に近い状況という。既に興行収入は37億円に到達している。
 
映画はフジテレビが出資している映画の1本。
フジテレビはこのところ、映画では「マスカレードホテル」「翔んで埼玉」「コンフィデンスマンJP」などが好調。
イメージ 3
新社長には、あの「沈黙」の著者で知られる芥川賞受賞作家の遠藤周作の長男遠藤龍之介氏が就任する。テレビでの巻返しを図る構えのようだ。
 
「豪華埼玉版」なので、購入するのは埼玉県人だけか?(笑)。「埼玉県民にはそこら辺の草でも食わせておけ」から、全国にその応用編が広がっているようだ。
イメージ 4
草と比べると贅沢すぎるような気もするが・・・笑。
 
 

ミュージカル・コメディ映画「DANCE WITH ME ダンス・ウィズ・ミー」は期待できそう。

f:id:fpd:20190607201717j:plain

f:id:fpd:20190607201749j:plain

f:id:fpd:20190607201958p:plain

あの「スウィングガールズ」の矢口史靖監督によるミュージカル・コメディ映画「DANCE  WITH  ME ダンス・ウィズ・ミー」がこの8月に公開される。「ラ・ラ・ランド」のようなテイストで明るいミュージカルの雰囲気が伝わって来る。
 
日本にも「Shall Weダンス?」以来の傑作ミュージカル・コメディ映画の誕生だ。往年のミュージカル俳優(もとい「ゴジラ」映画俳優)の宝田明(85)も出演している!
マジか?