fpdの映画スクラップ貼

「映画」とその他諸々のブログです。

★「映画ベスト3は…?」(同窓会参加の友人に聞いてみたら…)

       f:id:fpd:20190825081315j:plain

同窓会の続き。昨日は、高校の同窓会に初めて参加した。
たまに仲間数人で会うという機会はあったが、2クラス(学年9クラス中の進学クラス)を束ねる幹事が14人もいる”正式”の同窓会は初めて参加した。たまたまホテル会場近くのホールでイベントに参加していたのが元担任教師の一人I先生だったということで、声をかけたら、挨拶だけのため馳せ参じてくれた。
 
そのI先生は、後に我が高校の校長にもなり、他の県下の2,3の校長も歴任し、引退して87歳ということだが背筋もビシッとして元気だった。20年後もこの先生のように元気でありたいと思った。
 
さて、高校時代、親しかった一人、N君も会いたかった一人。実に50年ぶり。
会計・法務などの仕事でプログラミング、数字などに強く、ドイツ語の関連技術書なども読んでいるといい、「ドイツ語は、英語よりも日本人には発音しやすい」と語っていた。まさにその通り! 発音が曖昧なところがなくカタカナのように一語一語をはっきり発音するので、英語のように省略されて発音されなかったり、言葉が連結して聞き取りにくいということがほとんどない。
 
・・・
前置きはこのへんで。さて本題。
このN君に、映画の話題を振ってみた(笑)。「最近何か映画を見た?」
いつものfpdのワンパターンだ。
 
N君は、最近は全く見ないが、小中学生の頃は映画館によく通ったという。
洋画と邦画の3本立ての映画館があって、見ていたという。
 
早速ベスト3映画を聞いてみた。びっくり玉手箱。
1位は「シェーン」(1953)だという。初公開ではなく、公開2-3年後の二番館で、4歳の時だったという。ほぼリアルタイムで見ているというから驚き。
第2位は「大脱走」(1963)。これも、膝を打つほど、大納得!
第3位は、なんとミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」(1971)というから、ミュージカル好きのfpdは、椅子から転げ落ちるほどびっくり。「屋根の上の~」は、fpdの生涯ベスト10の「10位」にランクインする映画だからだ。
 
N君は、秩父市に住んでいて、深谷まで1時間以上かけて通っていた。
十戒」(1956)「ベン・ハー」(1959)「エストサイド物語」(1961)もリアルタイムで地元の映画館で見ているというのだ。邦画の映画館では、時々成人映画も上映していたので、小学生でも入れたといい、成人映画だけを見に来ていた大人から「子供が見ている」といった目で見られたという。見てもわけがわからなかったという(笑)。話を聞いていると、まるでギドラさんだな(笑)。
 
ミュージカルなら「ダンスウィズミー」が面白いよと勧めた(笑)。
同窓会で、まさか映画の話ができるとは思わなかった(少しは思っていたが…)。
 
今回参加できなかった親しい同級生にも声をかけて、次の同窓会と言わずその前にセッティングして集まろうと別れた。
 
充実した楽しい同窓会だった。
 
 

★高校同窓会に出席。

f:id:fpd:20190824230548j:plain

高校の同窓会は、卒業以来今回が4回目というが、fpdは初参加だった。
新一万円札の肖像画になる渋沢栄一の尽力でできた実業高校で、来年創立100周年を迎える。
 
進学クラスが2クラスあり、2クラス合同の同窓会。
会場は、深谷駅前の「埼玉グランドホテル深谷」で、約30人が出席した。
ランチタイム時で、中華料理を食べながらビールを飲み歓談したが、なかには卒業以来はじめて会うという人も多く、最初は「Who?」状態だが、話しているうちに面影もあって、昔話や現在の話など弾んだ。
 
一人3分で、マイクを持って、近況などを一人づつ話をした。
盛り上がったのは、いわゆる校歌ではなく、”裏校歌”ともいうべき”小唄”を合唱した時だった。当時、実業高校で男子校というのはめずらしく日本でも3校しかなかった(数年後に共学になった)。
 
およそ3時間でお開きとなったが二次会は、喫茶店で10人程度集まって、歓談は続いた。トーストとコーヒーだったが、甘いものもあるということで、甘党グループ(fpdも含む)は「あんみつ」も注文した。まさに”あんみつ剣士”(笑)。
 
イメージ 3
・・・
せっかくなので、近くのミニシアター「深谷シネマ」界隈も散策した。ここは映画の撮影によく利用される酒蔵の跡地の大きな倉庫がある。
 
イメージ 4
イメージ 5
 
同窓の中には、亡くなった人もだんだん増えてきて、特に親しかった友人の訃報も聞き寂しくなるが、渋沢栄一の新紙幣が発行される2024年に、次の同窓会を実施するということで散会した。
 
渋沢栄一”フィーバーも一段落の状況だが、深谷駅も改修中だった。
 
イメージ 6
イメージ 9
深谷駅前に時計台があるが、その下には、深谷のマスコットキャラクターの「ふっかちゃん」がいる。時計がぴったりの時間(5時、など)ふっかちゃんが姿を消し、渋沢栄一の人形が現れる。
 
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
駅周辺も、昔とかなり変化している。
深谷ねぎとふっかちゃんのキャラクターが目立っっている。
 
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
 
 

007シリーズ最新作のタイトルは「No Time to Die(原題)」に決定。

 

f:id:fpd:20190823170511j:plain

「ボンド25」の仮題だった”007”シリーズ最新作のタイトルは”No Time to Die(原題)/死ぬ時間はないに正式決定した。2020年4月3日の全英公開を皮切りに、全米公開は4月8日、日本では4月公開と発表された。
 

                                f:id:fpd:20190823171158p:plain

 

同作の製作陣は8月20日(現地時間)、ジェームズ・ボンドがスクリーンを歩いて横切り、振り向きざまに銃を撃つという有名なオープニング、通称「ガンバレル・シークエンス」を模した短い動画を公式Twitterに投稿。 

タキシード姿でゆっくりとフレームを横切るダニエル・クレイグからズームバックするようにカメラが引いていくと、画面いっぱいにタイトルが浮かび上がるという粋な演出には、すでに多くのファンから絶賛のコメントが相次いで寄せられている。
 

       f:id:fpd:20190823172716j:plain

タイトルと併せて発表されたあらすじ
「現役を退き、ジャマイカで平穏な暮らしを満喫していたボンド(ダニエル・クレイグ)のもとに、旧友のCIA局員フェリックス・ライター(ジェフリー・ライト)が助けを求めて現れる。だが、誘拐された科学者を救出するという一見簡単な任務に乗り出したボンドを待ち受けていたのは、恐るべき新技術を武器に世界を混乱に陥れようとする謎の悪者だった」とのこと。
 
米ハリウッド・レポーターによると、「Die(ダイ)」をフィーチャーしたタイトルとしては4作目となる(ほかには007/死ぬのは奴らだ」「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」「007 ダイ・アナザー・デイ」)がある)。
 
また、タイトルに1970年代風の字体を使用しているという。リアルさ重視のシリアスな作風を特徴とするクレイグ主演の前4作とは違い、ロジャー・ムーアピアース・ブロスナン時代のより軽妙なタッチに立ち返った作品になるのではないかと推測している。
 

                             f:id:fpd:20190823171239j:plain

出演は、ダニエル・クレイグとジェフリー・ライトのほか、M役のレイフ・ファインズ、マニーペニー役のナオミ・ハリス、Q役のベン・ウィショーロリー・キニアレア・セドゥーらおなじみの面々が続投するのに加えて「ボヘミアン・ラプソディ」でアカデミー賞主演男優賞に輝いたラミ・マレックが悪役として新たに参戦。また同じくオスカー俳優のクリストフ・ヴァルツが、ブロフェルド役で再登場を果たすことが決まっている。
 

映画「愛と喝采の日々」(原題:The Turning Point,1977)

        f:id:fpd:20190823161548j:plain

愛と喝采の日々」(原題:The Turning Point,1977)を見た。
今頃見たのか?(笑)「愛と追憶の日々」(原題:Terms of Endearment,
1983)は見ているが「愛と…」のタイトルが多く紛らわしい。”喝采の日々”はバレエダンサーの世界の人間模様を描く。
 
主演女優の2人を見るだけでも価値がある映画。
アパートの鍵貸します」「あなただけ今晩は」のシャーリー・マクレーン(当時33歳)と「奇跡の人」「卒業」のアン・バンクロフト(同35歳)の共演が見どころ。
 
かつて同じバレエ団で主役の座を争ったディーディー(S.マクレーン)とエマ(A.バンクロフト)の、対照的な人生を送る2人が再会し、20年ぶりに本音をぶつけ合うシーンでは、取っ組み合いの大喧嘩をするシーンが迫力がある。バレエに精通したスタッフとダンサーによる見応えのあるバレエ映画。
 
・・・
オクラホマシティに、アメリカン・バレエ・カンパニーの巡業公演がやってきた。ディーディー・ロジャースシャーリー・マクレーンは、夫のウェイン(トム・スケリット)、一男二女の子供達とともに、その公演を観に行く。
 
イメージ 2
 かつて同団のダンサーであり、今はバレエ教室を経営するロジャース夫妻は、20年ぶりに旧友たちと、そしてトッププリマのエマ(アン・バンクロフト)と再会する。
 
イメージ 3
その夜、ロジャース夫妻の開いた歓迎のパーティで、エマは美貌とバレエの才能を有するディーディーの長女エミリアレスリー・ブラウン)にプロダンサーになることを強く勧める。ディーディーとエマは、かつてアンナ・カレーニナの主演やウェインを巡ったライバルであった頃を回想し複雑な思いに駆られるのだが・・・
 
・・・
後半のバレエシーンは圧巻。
舞台シーンを見ている様な錯覚になる。親子関係、女同士の嫉妬、確執、誤解と友情なども描いている。
 
イメージ 4
ディーディー(シャーリー・マクレーン
オクラホマシティで夫とバレエ教室をしながら、3人の子供と幸せに暮らしている。20年前はアメリカン・バレエ団のプロダンサーで、エマとプリマドンナの座を競い合っていた。平凡な主婦になってしまった自分の人生に寂しさを感じている。
ディーディーの昔のライバルであり親友。長年バレエ団で主役を務めてきたが、最近は肉体の衰えを感じている。女の幸せを諦め、バレエ一筋で生きてきた。
エミリアレスリー・ブラウン
ディーディーの長女。バレエの才能があり、エマにスカウトされてニューヨークのアメリカン・バレエ団に入団する。エマが名付け親。ジャニーナという妹とイーサンという弟がいる。
アメリカン・バレエ団のプリンシパル。ロシアからやってきた。エミリアと恋仲になるが、浮気をして彼女を傷つける。
ウェイン(トム・スケリット
ディーディーの夫。アメリカン・バレエ団のプリンシパルだった。ディーディーと結婚する時に踊りをやめ、彼女と一緒にオクラホマシティでバレエ教室を開いている。
アメリカン・バレエ団の経営者。25周年を迎えるバレエ団を存続するため、資金繰りや宣伝活動に忙しい。相棒は元ダンサーでエマの恋人だったマイケル。
ダカロウ(アレクサンドラ・ダニロワ
昔は有名なプリマドンナだった女性で、今は有望なダンサーだけに個人レッスンをしている。ニューヨークへ来たエミリアとディーディーを自宅へ下宿させてやる。
ロージーアンソニー・ザーブ
アメリカン・バレエ団の楽団の指揮者をしていた。今はミュージカルの指揮者をしている。ディーディーと再会して彼女を口説く。
 
☆☆☆

★Yahooブログ終了1週間前:「クールに行こう!」(「ウエスト・サイド物語」”Cool"から)。

 

     f:id:fpd:20190823081423j:plain

             タッカー・スミス(中央)
 
映画「ウエスト・サイド物語」の歌曲の中でも、お気に入りの一つが、ジェッツ団のタッカー・スミスが仲間を落ち着かせる曲「クール」。その中のセリフの一つ「Easy! Action!」の意味を誤解していたようだ。Easy!=落ち着け、だが、Actionは、”行動”ではなく、短気な性格のActionという名前の男だった(汗)。「Easy Rider」(=気ままなライダー)とは違う(笑)。
 
 
8月31日で、Yahooブログは記事のアップができなくなる。この10数年間のブログ・ライフ に別れを告げるのは寂しい限りだが、「あ、そう」とCool に行こうと思う(笑)。
 
ウエスト・サイド物語」の楽曲の好みのマイベスト5:
(1)「America」:リタ・モレノの圧倒する声量。
(2)「Dance at the Gym」(体育館のダンス):群舞とマンボ。
(3)「Cool」:クールな踊り。
(4)「Tonight」:映画のテーマ曲とも言える名曲。バルコニーのトニーとマリアの曲と、後半の四重奏。
(5)「Somewhere」 (どこかへ)
・・・
さて、あと1週間、クールに行こう。
明日は、高校の同窓会だし・・・笑。
 

映画「天気の子」が興行収入100億円を突破!

f:id:fpd:20190823114919j:plain

劇場アニメ映画「天気の子予想通り、興行収入100億円を突破(100.7億円)した。日本映画で興収100億を突破したのは、同じく新海監督の君の名は。2016)以来3年ぶりとなる

前作君の名は。2016)から3年ぶりとなる同作は、全国359館448スクリーンで公開されるやいなや初日から3日間で興行収入16.4億を突破し君の名は。対比128.6%を記録する好調なスタートを切った。
 
君の名は。」は公開から28日間で100億円を突破していたが、今回もまた大きな記録を打ち立てることが期待される。

世界からも注目を集めており、公開前から140の国と地域での配給が決定
第44回トロント国際映画際の出品、さらに異例のインド公開が決定するなど、日本を越え世界中に話題が広がっている。

◆初日7月19日(金)~8月21日(水)までの34日間
観客動員 7,519,350人
興行収入 10,073,344,500円
(※数字はすべて興行通信社調べ)
 
実写並みの細部まできめ細かな映像がいいですね。
どこまで伸びるのか面白い。

★埼玉県民には投票に行かせておけ!?(「埼玉県知事選挙」8月25日)

      f:id:fpd:20190821083606j:plain

今年初めに大ヒットした映画「翔んで埼玉」。
映画のヒットにあやかって、8月25日に行われる埼玉県知事選にも「翔んで埼玉」が一役買っている。これまでにないアイデアと好評のようだ。
 
埼玉県知事選挙の投票率は、なんと過去3回とも20%台
全国でもワースト5の常連県のようだ。県民有権者の4人に一人しか投票に行かないのだ。
 
そこで、今回のポスターには、「埼玉県民には草でも食わせておけ」をもじって、「埼玉県民には投票に行かせておけ!!」
 
実際に、選挙カーも見ないし、演説もほとんど聞かない。その最たるものが、投票所の一つには、有力2候補のポスターしかなく、泡沫候補はポスターも作らないし名前すらないのだ。
 
 
イメージ 3
「海も空港も無いけど…だが選挙権はある!」「無関心は、ださいたま!」
投票率に歯止めをかけようと考えたようだ。
それにしても今年は「埼玉」が注目される年だ。
 
■映画「翔んで埼玉」大ヒット。
■新一万円札に埼玉県深谷市出身の渋沢栄一の肖像が決定。
■4年に一度のラグビー世界選手権が9月に埼玉県熊谷市で開催。
■「ムーミン・テーマパーク」オープン(埼玉県飯能市)。
 
イメージ 5
イメージ 4
埼玉県出身・在住のYahooブロガー「fpd」が☆☆☆☆☆達成(笑)。
 
イメージ 2