fpdの映画スクラップ貼(喫茶室)

映画中心のブログです。その他、ドラマ・俳優・音楽・日常など。

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」(2019)大迫力の【ドルビーシネマ】&【3D字幕版】

f:id:fpd:20190426092202j:plain

鳴り物入りで登場の【ドルビーシネマ】&【3D字幕版】によるアメコミ映画「スパイダーマン:スパイダーバース」(2019)を見た。ド迫力に圧倒される!
 
   スパイダーたち(左から:ピーター・パーカー、グウェン・ステイシー、マイルス・ラレス)
過去に何度か登場しては、なかなか主流になれなかった【3D】映画はちょうど10年前の2009年に「アバター」によって、当時話題になり旋風を巻き起こした。
 
その後、一定の3D作品は公開されてきたが、3Dにする必然性があるのかといった作品が3Dになったり、イマイチ普及には至らなかった。
 
今回登場のドルビーシネマは、3Dの映像の奥行き感とともに、革新的な音響システム導入による映画館の環境を変えたことで、観客を映画の中に没入させる迫力があった。
・・・
「ドルビーシステム」で「ボヘミアン・ラプソディ」を見てみたかったが、全席が売り切れだったので、「アリー/スター誕生」の選択もあったが、話題になっていた「スパイダーマン:スパイダーバース」が未見だったので、こちらにした。正解だった。
・・・
スパイダーマン:スパイダーバースは異なる作品で描かれた別々のスパイダーマンが、1作品の中に集結し、誰でも勇気を出して仮面(マスク)を被れば、スパイダーマンになることができ、不可能を可能にすることができるというポジティブな映画だ。
 
世界でおなじみのスパイダーマンであるピーター・パーカーが別時空からやってきた来た中年太りの冴えない男として登場映画の主役はマイルス・ラレスで、ピーター程の知名度いが、列記としたスパイダーマンであることには間違いない。
 
ヒロインはグウェン・ステイシーで、「アメイジングスパイダーマンシリーズではピーターの恋人として知られている。メカ・スーツを操るペニー・パーカー、昔の犯罪映画調のスパイダーマンノワール、ギャグテイストで描かれる子豚のピーター・ポーカー、などが登場。このほか、なぜか、日本人少女も登場する。
 
イメージ 4
 イメージ 5
物語は主人公ピーター・パーカーの死によって始まる。
下敷きにしているのは古典文学の「大いなる遺産」の墓地からはじまる展開。
 
残されたスパイダーたちは中年版ピーターも含めキワモノ集団。特にヒーローの能力を得たばかりのマイルスは、自分がピーターの代わりになれるのかと苦悩する。
 
アニメ映画だが、ほぼ実写といってもいい背景のディテールの凄さは驚くばかり。「アニメをなめんなよ!」と言ったセリフもあり、アニメ・ファンにはたまらないかも。
 
 作品は本年度アカデミー賞最優秀長編アニメーション賞を受賞した。
この映画と比べてしまうと日本映画のノミネート作品は、受賞は難しいだろう。
☆☆☆

★映画の前に腹ごしらえ:トンカツの巻(「和幸」の一口カツ)。

f:id:fpd:20190426091712j:plain

トンカツといえば「和幸」というように、一時期よく食べた。
トンカツ専門のチェーン店で、トンカツの美味しさはもちろんだが、千切りのキャベツが美味しいのだ。それと、シジミの味噌汁もうまい。
 
さらに嬉しいのは、ご飯、キャベツ、味噌汁がおかわり自由なのだ。
といっても、それほど量を食べられなくなりつつあるが・・・。
一口カツ定食を注文した。
 
店に入ったのが夕方4:20分。
映画が始まるのが5時だったので、30分もあれば十分と思い「ひつまぶし」の海鮮にしようか、「アンダーグラウンド」(店名)のラーメンも美味しそうだなと迷ったが、食べたことのある実績で選んだのだった。
 
一口カツとキャベツにたっぷりソースをかけて、食べた。ご飯もすすむ。
20分で食事は終了。4:40分には会計に。1,150円くらいだった。満足。
 
   先日までの「翔んで埼玉」から一変して「ドルビーシネマ」となった劇場の表看板。
 
そして「ドルビーシネマ」による映画「スパイダーマン:スパイダーバース」(2019年3月8日公開)を見た。
 
「一口カツセット」:☆☆☆☆
 

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018)ヒーロー全員集合!

 

好みの問題か、やはり「アベンジャーズ」ものは、ついていけない。
途中から睡魔に襲われ、受け入れられないということがよくわかった(笑)。
絶対眠くなる映画5選」というランキングがあるとすれば、入れたい1本。
 
そんなに嫌いなら何故見たのか。
それは、明日見に行く「ドルビーシネマ」の体験映画の映画で、評判がよかったスパイダーマン: スパイダーバース」を見に行くための予備知識の一環だからだ。
 
しかも「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーは、最凶最悪の“ラスボス”サノスに立ち向かう、最強ヒーローによる究極のチーム・アベンジャーズの壮絶なバトル、あらゆる常識を超えた破格のスケールと喧伝されていた。
 
遅れて比較的最近みた「ブラックパンサー」(2018)がまずまずだったので、ブラックパンサー・メンバーやアイアンマン関連が出ていたので、まあいいか。ただ、ハリウッド女優の中でもトップクラスのスカーレット・ヨハンソンなどを無駄に使っているような印象。
 
「~インフィニティ・ウォー」マーベル・シネマティック・ユニバースMCU」の第19作目となるこれまでのMCUに登場したヒーローたちが結集。宇宙や、敵の宇宙船、ワカンダなど、それぞれの場所で強大な敵・サノスと戦いを繰り広げる。
 
                        サノス
サノスは全宇宙に生きる生命の半数を殺さなくてはいけないと考え、強大なパワーを持つインフィニティ・ストーンを集めていた。地球へ向かう途中ででサノスに襲われたソーは宇宙に投げ出され、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの一行に拾われる。
アイアンマンはニューヨークを襲うサノスの部下の宇宙船を止めるため、スパイダーマンとともに宇宙船に乗り込んだ。サノスの襲来を知ったキャプテン・アメリカらは、ブラックパンサーの力を借りにワカンダを訪れて…というヒーローのごっちゃ煮集結映画
 
物語のキーパーソンとなるのは、マインド・ストーンを埋め込まれたビジョンと、タイム・ストーンを持つドクター・ストレンジベネディクト・カンバーバッチ)。この二人が持つ石を守るため、各地で必死の戦いを繰り広げられる。
 
アイアンマンとドクター・ストレンジ、ソーとガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなど、新しい組み合わせがある。「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカに続き、大勢のヒーローが登場するこの壮大なストーリーをまとめあげたのは、アンソニージョー・ルッソ兄弟。
 
 
出演者:

ドラマ:TBS日曜劇場「集団左遷!!」(第1話)

f:id:fpd:20190423091544j:plain

歌手で俳優の福山雅治主演のTBS日曜劇場「集団左遷」(後9・00)を見た。第1話の21日放送は、拡大版85分スペシャルでスタート。初回の平均視聴率は13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。2ケタ視聴率で好発進と捉えられる。

 
原作は江波戸哲夫氏の「新装版 銀行支店長」と「集団左遷」。
「銀行」という巨大組織を相手にリストラ候補の仲間たちと力を合わせて組織の理不尽さに立ち向かっていく姿をコミカルかつユーモラスに描いている。
 
福山雅治は日曜劇場初主演で同局のドラマには21年ぶりの出演。
50歳を目前にして廃店が決まっている蒲田支店に異動させられた支店長・片岡洋を演じる。
 
リストラ寸前の銀行員らとともに大逆転に賭ける。
蒲田店の副支店長・真山役を演じるのは、NHK大河ドラマ龍馬伝」以来9年ぶりに福山とコンビを組む香川照之。部下のリストラ寸前、ダメ社員集団には神木隆之介中村アンらが名を連ねる。
 
イメージ 2
・・・
第1話は、大手メガバンク・三友銀行に勤めるごく普通のサラリーマン・片岡洋(福山雅治)がある日、蒲田支店の支店長の昇任人事を受ける。
 
50歳を前に突然の出世に喜ぶ片岡だったが、実はその人事には裏があった。
徹底した合理化を目指す常務取締役の横山輝生(三上博史)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店」と告げられる…という展開だった。
 
・・・
銀行がリーマンショックで統合したものの、業績を伸ばすことができず、銀行の首脳陣が決めたことは、横山常務による提案の「12支店の廃店」だった。
 
統合した銀行「三友銀行」は、旧三友系と大昭和系の二行だったが、今回の廃店のなかには、旧大昭和系の本店であった蒲田支店が含まれていた。現頭取(市村正親)は旧大昭和系で、会長は三友系。統合後も派閥のバランス、確執があるのか。
 
それにしても、12の支店の廃店ありきの上層部の決定の中で、現場はどのように生き残りをかけて戦うのかが見所のようだ。常務の「頑張るな。何もしなくていい」というのも考えてみれば奇妙。余計なことはするな、楯突くな、ということ。
 
支店の中にスパイのような人物を置き、不穏な動きが常務の耳に入る仕組みになっている。蒲田支店の融資先の存亡をめぐる行員の頑張り、計画倒産の客からの回収などが描かれていた。本部から支店の融資先などに問題がないかをチェックする臨店で、責任者を演じる小手伸也も、曲者ぶりを発揮。小手伸也は、「コンフィデンスマンJP」や「SUITS/スーツ」などのドラマで、独特の雰囲気で目立ってきた俳優。今回も、「~でした・か」「がんばって、とってきました・よ」のように「・」のところを間を開ける癖のある言い回しなどで目立つ。
 
副支店長を演じる香川照之の立場は、敵なのか味方なのか不明で微妙。
今回は、オーバーな顔芸は封印。福山雅治の演技がネットでは大げさなど批判の声が出ている。新境地を目指して?コメディっぽく演じているが、空振りにならないことを祈る。
 
 
 第2話が面白ければ継続。

ドラマ:”ドラマBiz”「スパイラル~町工場の奇跡~」(第1話)

 

f:id:fpd:20190419211306j:plain

昨年からスタートしたテレビ東京のドラマシリーズの第5弾”ドラマBiz”「スパイラル~町工場の奇跡~」第1話を見た。
 
260万部突破の「ハゲタカ」シリーズスピンオフ作品を連続ドラマ化したもの。「ハゲタカ」はドラマも映画もお気に入りだったので、このスピンオフ作品も興味津々。
 
テレビ東京で月曜日夜10:00に放送されているが、再放送が金曜日9:00(今夜第1話の再放送)からBSテレ東で放送されている。見逃し配信でも見られる。
 
1人の企業再生家が倒産危機の町工場を救うヒューマンドラマ
 
映画とドラマの「ハゲタカ」で芝野健夫を演じたのは柴田恭兵だったが、今回は玉木宏が演じている。
 
第1話では、企業再生家・芝野健夫(玉木宏)の元に恩人の天才発明家・藤村(平泉成)の訃報が届く。藤村は技術中心で、経営・財政には無頓着で、借金は3億円にもふくれ上がっていた。信金からの取立ても厳しくなってきたのだが・・・。
 
イメージ 2 
 
藤村の娘・浅子(貫地谷しほり)、劣等感を持つ息子・望(戸塚純貴)、藤村の右腕だった桶本(國村隼)と再会し、芝野はある想いを巡らせる。
 
イメージ 3
 
イメージ 4そこに、芝野によりかつて退職に追い込まれたことから芝野に復讐を目論む村尾(眞島秀和)や外資系ファンドのナオミ・トミナガ(真矢ミキ)がマジテックを乗っ取ろうと動き出す。芝野は倒産寸前の町工場を救えるのか!?
 
真矢ミキの外資系ファンドのやり手スーパーウーマンの凄みも見どころ。
 
■主な出演
芝野健夫…玉木宏 (企業再生で辣腕ぶりを発揮)
藤村浅子…貫地谷しほり(父親の急死で町工場を継ぐことになる)
藤村登喜男…平泉成 (町工場で部品を作るが急死。朝子、望の父)
藤村望…戸塚純貴 (大学入試に三度失敗。コンビニでバイトをしていた
           が、父の残した会社を存続させるために営業主任
           として働き始める)。
桶本修…國村隼 (藤村の町工場で右腕として働いてきた人物)
村尾浩一…眞島秀和 (会社の金を横領し、人事部の芝野に退社させられ、
            柴野に怨念をもつ)
ナオミ・トミナガ…真矢ミキ外資系ファンド・ホライズン社の社長)
堀保徳…小野武彦
正木奈津美…野波麻帆  
田丸学…前原滉  
隅田穣治…渡辺邦斗  
岩崎あけみ…水沢エレナ  
原口慎太郎…長谷川純  
小笠原純…島丈明  
安堂香寿子…瀬奈じゅん 
正木希実…宝辺花帆美  
桑島孝幸…遠山俊也  

映画「禁断の惑星」(原題:Forbidden Planet、1956)SF映画の金字塔。

f:id:fpd:20190418225624j:plain

SF映画の金字塔と言われる「禁断の惑星」(原題:Forbidden Planet、1956)を見た。今から60年以上も前に、人類が宇宙に飛び出し、別の惑星にも人類以上に進化した生物がいたなどをテーマにしているところが斬新。3D映像も登場する。
 
後に「裸の銃を持つ男」(1988)などで知られる若き日のレスリー・ニールセンが主役を演じている。共演は「わが谷は緑なりき」「ミニヴァー夫人」などのウォルター・ピジョン、「日本人の勲章」「暴力教室」などのアン・フランシスなど。
 
・・・
宇宙移民がはじまった2200年代。アダムス機長(レスリー・ニールセン)が率いる宇宙船C-57-Dは、20年前に移住しその後連絡を絶った移民団の捜索のために、惑星第4アルテアへ着陸した。アルテア移民団の生き残りは、モービアス博士(ウォルター・ピジョン)と、アルテアで誕生した彼の娘であるアルティラ(アン・フランシス)の2と、モービアスが作り上げたロボット・ロビーだけだった。
 
イメージ 3
 
モービアス博士は捜索団に対して、当初は着陸を拒否してが、生命の保証はしないことを条件に、着陸を認めた。モービアスが言うには、アルテアにはかつて強大なクレール人が住み2万年以上前の全宇宙を支配し、アルテアを不可侵の星“禁断の惑星”としていた。調査団はその怒りにふれたことから、皆殺しにされた。しかし人類より数百万年も進化したクレール人は、精神内部の完成直前、一夜にして滅亡してしまった、と説明するのだった
 
イメージ 2
 
モービアス博士は一同をクレールの遺跡、原子物理研究所へ案内する。
アダムス機長は感嘆の末、その設備を地球に持ち帰りたいと申し出たが、モービアス博士は反対しアダムスらに、早く地球へ戻れという。そして移民団は正体不明の怪物に襲われて自分たち2名以外は死んでしまったという。

残ったモービアスは、クレール人の遺跡に残っていた巨大なエネルギーを生成する設備を分析・使用し、モービアス自身の能力を飛躍的に増進させていた。
 
ロビーもその結果できたものだった。さらにモービアス博士は、おそらくC-57-Dも怪物に襲われるだろうと予告し、一刻も早くこの星を離れるよう求める。
 
そしてモービアスの言葉通りにふたたび現れた怪物はC-57-Dを襲撃、乗組員を殺害し始めた。しかしアダムス機長は、アルティラと恋仲となったこともあり、即時の離陸を拒否。モービアス博士とアルティアを、あるいはせめてアルティラだけでも、地球に連れ帰ろうとする。

 いよいよ怪物の猛威が彼らに迫ったとき、クレール人の遺跡のエネルギーが最大出力に達していた事に気付いたアダムスは博士を問い詰める。そして彼は、怪物の正体が「イドの怪物」とでも呼ぶべき、モービアスの潜在意識、自我そのものだということを見破る。

移民団やC-57-Dの乗組員を襲った怪物も、実は遺跡の装置によって増幅され具現化したモービアス博士の潜在意識(憎しみ)のなせるわざであった。
 
そしてクレール人も、自分たちの潜在意識を制御しきれず、巨大なエネルギーでお互いに殺し合い、自滅したのだ。

怪物はアダムスや博士達に襲いかかる。博士はロビーに攻撃するよう命じるが、元が主人である怪物を撃つことが出来ない。自らの心の暗黒面を正視したモービアスは、怪物の前に立ち塞がる。
 
怪物は消滅したが、モービアス博士は瀕死の状態だった。
彼は遺跡の自爆装置を作動させ、アルテアもろとも滅びる道を選ぶ。
アダムス機長はアルティラとロビーを伴ってC-57-Dに戻り、アルテアが爆発する寸前に辛うじて惑星から脱出したのだった。
・・・
2001年宇宙の旅」1968)の10年以上も前、「スターウォーズ」(1977)から20年も前に、SF映画の分野で、斬新なアイディアと高尚なプロットをもつ映画が制作されていたことに驚かされる。アン・フランシスのナイスバディもみどころ。
 
イメージ 4
 ■「禁断の惑星」(原題: Forbidden Planet、1956・米)
監督:フレッド・マクロード・ウィルコック
製作:ニコラス・ネイファック
原案:アーヴィング・ブロック、アレン・アドラー
脚本:シリル・ヒューム
音楽:ルイス&ベベ・バロン
撮影:ジョージ・J・フォルシー
出演:ウォルター・ピジョンアン・フランシスレスリー・ニールセン、ウォーレン・スティーヴンス、ジャック・ケリー、リチャード・アンダーソン、アール・ホリマン、ジョージ・ウォレス、ボブ・ディックス。
 

★オールタイム”マイベスト”1・2位作品(洋画)。

f:id:fpd:20190418142241j:plain

アラビアのロレンス」&「ウエストサイド物語」ブルーレイ。

1971年1月1日にリバイバルで「アラビアのロレンス」を劇場で見た。
正月元旦は都内はガラガラだった(笑)。この当時は、正月元旦から映画を見に行くのが、年中行事だった。
イメージ 17

f:id:fpd:20190418143606j:plain

f:id:fpd:20190418143626j:plain

ミュージカル映画の醍醐味、面白さを知った不朽の名作「エストサイド物語」。ミュージカル映画を追いかけるきっかけとなった作品。