fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

映画「せかいのおきく」(2023)を見る。「第97回キネマ旬報ベスト・テン」第1位(作品賞)。

せかいのおきく」(2023)は、テーマが江戸時代末期の厠(かわや:便所)の屎尿(しにょう)・ふん尿を安く買い、それを下肥(しもごえ=肥料)として農村に売るという、循環型社会を支えた下肥売買の若者らの青春を描いた物語。

第97回キネマ旬報ベスト・テン」で堂々の第1位(作品賞)となった作品。監督は「北のカナリアたち」などの阪本順治監督、主演は「小さいおうち」などの黒木華(はる)。90分、モノクロ(ただし、章の終わりに数秒のカラーシーンがある。これがアクセントになっている)。

黒木華は、その古風な外見が明治・大正・昭和初期ごろの女性を体現するのにぴったりで、全く違和感がない女優。

・・・
江戸時代末期を舞台に喉を切られて声を失った女性おきく(黒木華)と、紙屑拾いの中次(寛一郎)と下肥(しもごえ)買いの矢亮(池松壮亮)が出会い心を通わせていく姿をモノクロの映像で描く。眞木蔵人、佐藤浩市石橋蓮司などが共演。

阪本順治監督が日本映画作品賞を受賞するのは「顔」(2000)以来23年ぶり、また「半世界」(2019)以来4年ぶり3度目の日本映画脚本賞を受賞。

・・・
<ストーリー>

22歳のおきく(松村きく、黒木華)は、武家育ちでありながら、今は貧乏長屋で父・松村源兵衛(佐藤浩市)と二人暮らし。長屋で暮らす人々は、厠(かわや)がいっぱいになり、糞尿を取りに来る矢亮らを待つが、その間の臭いに鼻をつまむ。

毎朝、便所の肥やしを汲んで狭い路地を駆ける中次(ちゅうじ、寛一郎)のことをずっと知っている。雨の日に、厠の前で雨宿りしようとしたところ、中次と矢亮(池松壮亮)と出会った。

ある時、父・源兵衛が、迎えの侍たちと黙って出かけたので、おきくは後を追ったが、源兵衛は刀で斬られ、おきくも喉を切られて声を失っってしまった。

おきくは、それでも子どもたちに文字を教える決意をする。雪の降りそうな寒い朝

握り飯を作って中次の家を捜し歩くが途中で、荷車にはねられて握り飯は、ぺしゃんこに。やっとの思いで中次の家にたどり着いたおきくは、身振り手振りで、精一杯に気持ちを伝えるのだった。

中次は、武家の出のおきくと文字の読み書きもできない自分では釣り合わないと身を引こうとするが、おきくの思いは変わらず、中次は、いつか読み書きを覚えさせてほしいとおきくに頼むのだった。

そして、世の中を変えてみたいという希望は捨てずにいたのだった。

・・・
映画は「序章」の「江戸のうんこはいずこへ」から始まり、第一章「むてきのおきく」第二章「むねんのおきく」第三章「恋せよおきく」第四章「ばかとばか」第五章「ばかなおきく」第六章「そして舟は行く」第七章「せかいのおきく」(映画のタイトル)終章「おきくのせかい」と続く。

江戸末期の長屋暮らしをする人々や糞尿の売り買いといった底辺で暮らす人々の生活ぶりと坊さんの世界観などをさらりと描いている。

中次は糞尿を売り買いする矢亮の手伝いをするようになりコンビを組むようになるが、二人のやり取りは「隠し砦の三悪人」の太平(千秋実)と又七(藤原釜足)の凸凹コンビのようにコミカルな会話が面白い。

矢亮が、ことあるごとに「糞(くそ)」にまつわるダジャレを言うが、矢亮が「ここは笑うところだ」と言っても中次は無反応。ところが、いつしか、中次もダジャレを言うようになるところがおかしい。

こんな矢亮のセリフ。
「くそもみそも一晩おいておいたほうがいいんだ。それが「くそ・みそ一緒ということだ。笑うとこだぜ」「こんな世の中、くそくらえと思ったけど、くそくらっちまったよ。笑うとこだよ」「くその尻ぬぐいだ。笑うとこだぜ」「くその役にも立たない」…くそのオンパレード。

これらは矢亮のセリフだったが、中次がついに矢亮に反発するように「兄ぃは気持ちは強いが、心がねぇ。世間の鼻つまみ者だ。鼻をつまむって言ったってくその臭いじゃねえよ」

・・・
おきくのセリフも面白い。
第一章で、「くそ」とか「へ(屁)」とか平気で言えるようになりました。…矢亮が糞尿を処理していると「私のモノ(=糞尿)は入っておりません。何度も言わせないでください」と語気を荒げていったかと思うと、第四章では、好意を寄せる中次の名前を筆で「ちゅうじ」と書くと、恥ずかしい素振りを見せるなど乙女チックになる。

 

おきくの父・源兵衛(佐藤浩市)は「ケツ拭くにも手が届かない」だったり、「おきくみたいなのは厄介だからな。飯粒(めしつぶ)ひとつこさえてはくれない」と嘆く。

源兵衛は時々、空を見上げて手を叩くが「この空の果てはどこかわかるかい?果てなんかねえんだよ。井の中の蛙だ」

坊さんが寺子屋の子供たちを前にして言うセリフは「せかいというのは、あっちのほうへ行くと、こっちのほうから戻ってくる。そういうものです」というものだった。子供たちはきょとんとしていたが。

映画の冒頭から「肥溜め」のシーンがあり、思わず鼻をつまむような場面で苦痛を覚える(笑)。モノクロだから、多少は我慢ができたが、章ごとの終わりがカラーになるのでぞっとした。

 

矢亮は「くそがオレたちの食い扶持(ぶち)だよ。屁をしたついでにくそを垂れてんだよ。だからありがたく頂戴してんだよ」というセリフもあった。

・・・
阪本監督によると、資金集めのために短編を制作したがうまくいかず、その短編で描いた内容をクライマックスとしてつながるように長編の脚本を執筆したという阪本監督のオリジナル脚本による時代劇。

「時代劇は多々あれど、こういう糞尿まみれの脚本で賎民を描く大胆な企画をやった者はいないと思う。なので自信を思ってこの賞をいただきたいです」とスピーチ。

 

■「にほんブログ村」にポチッと!。

https://movie.blogmura.com/ranking/in   

https://movie.blogmura.com/moviereview/ranking/in

【ドラマ】「不適切にもほどがある」(第5話)も”昭和”の小ネタ満載で快調。

俳優の阿部サダヲ主演のTBS金曜ドラマ不適切にもほどがある」の第5話は、これまでのように昭和の“小ネタ”が満載。昭和世代には懐かしいが、平成以降の若い世代には、理解不能でリタイヤもあるのだとか。

序盤、昭和から現代で“まさかの転身”を遂げた人物(アイドルから政治家になった三原じゅん子)の名前が登場し、SNSをザワつかせたという。三原本人も「出た~」と自身のSNSでまんざらでもなさそう(笑)。

三原じゅん子といえば、街頭演説で「恥を知れ」と発言し、ブーイングが起こったことも。自民党同僚女性議員の「愚か者めが」(お代官様か?)とともに、偉くなると、人を見下すようになるようだ(笑)。

宮藤官九郎氏がオリジナル脚本を手掛けるヒューマンコメディー。昭和のダメおやじの、猪突猛進、令和ではNGとなる”不適切”な言動を繰り返す体育教師の小川市郎(阿部サダヲ)。

主人公は1986年(昭和61年)から2024年(令和6年)にタイムスリップしてしまった市郎の言動がコンプライアンスでがんじがらめの令和の人々に考えるヒントを与えてくれるようだ。

最後に毎回登場するミュージカル調の歌詞もいいところを突き、歌もいい。

 

■「にほんブログ村」にポチッと!。

https://movie.blogmura.com/ranking/in   

https://movie.blogmura.com/moviereview/ranking/in

【大相撲春場所】新番付発表(3月10日初日)、新大関の琴ノ若で4大関。

                               今年中にもう一つ「上」に上がれるか・・・?

日本相撲協会は26日、大相撲春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)の新番付を発表した。大関琴ノ若は西の2番目に座った。

大関誕生は昨年秋場所の豊昇龍以来。日本出身力士としては令和4年春場所の御嶽海以来。4大関は3年名古屋場所以来。

日大出身の尊富士初土俵から所要9場所新入幕。年6場所制となった1958年以降初土俵では常幸龍に並ぶ最速記録を達成した。

先場所覇者で10度目の優勝を狙う横綱照ノ富士は東。大関は霧島と豊昇龍が東西の正位、8度目のかど番となる貴景勝は東の2番目に就いた。

関脇は6場所連続の大栄翔が東、2場所ぶりの若元春が西。小結は阿炎と錦木が復帰した。

新入幕の先場所で11勝4敗の大の里は西前頭5枚目に躍進。錦富士、北の若、狼雅が2場所ぶり、大奄美が10場所ぶりの再入幕を果たした。

大関朝の山が前頭筆頭まで上がってきた。3役も近い。

    

番付降下などの力士は以下の通り。

【降下】
<三役から平幕>
宇良(31=木瀬)西小結→東前頭筆頭
高安(33=田子ノ浦)東小結→西前頭8枚目
<幕内から十両
宝富士(37=伊勢ケ浜)東前頭16枚目→西十両筆頭
友風(29=二所ノ関)東前頭15枚目→西十両3枚目
武将山(28=藤島)西前頭16枚目→東十両5枚目
碧山(37=春日野)西前頭17枚目→西十両11枚目

※北青鵬は引退。

■「にほんブログ村」にポチッと!。

https://movie.blogmura.com/ranking/in   

https://movie.blogmura.com/moviereview/ranking/in

【映画賞】「全米映画俳優組合(SAG)賞」…「オッペンハイマー」主演男優・助演男優など3冠。

 

   

第30回「全米映画俳優組合(SAG)賞」授賞式が2月24日(現地時間)にカリフォルニア州ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムで行われ、今回はじめてNetflixで生配信されたので見た。

俳優のみを表彰する全米映画俳優組合は、13万人を超えるパフォーマーからなる全米映画俳優組合SAG-AFTRA)のメンバーによって投票される。

「映画部門」でキャスト賞など3冠となったのは「オッペンハイマー」。「原爆の父」と呼ばれた理論物理学者J・ロバート・オッペンハイマーを演じたキリアン・マーフィが主演男優賞、米原子力委員会委員長のルイス・ストロースを演じたロバート・ダウニー・Jr.助演男優賞を受賞した。

 

「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」のリリー・グラッドストーンが主演女優賞を獲得。「ホールドオーバーズ(仮題)」のダヴァイン・ジョイ・ランドルフ助演女優賞に輝いた。

 

テレビ部門では「一流シェフのファミリーレストラン」がアンサンブル賞(コメディ部門)など3部門で受賞。

アヨ・エデビリとジェレミー・アレン・ホワイトがそれぞれコメディ部門の女優賞、男優賞を獲得した。

「メディア王~華麗なる一族~」はアンサンブル賞(ドラマ部門)を受賞。「ザ・クラウン」のエリザベス・デビッキが女優賞(ドラマ部門)、「THE LAST OF US」のペドロ・パスカルが男優賞(ドラマ部門)に輝いたほか、「BEEF/ビーフ ~逆上~」のアリ・ウォンとスティーヴン・ユァンが女優賞・男優賞(テレビ映画、リミテッドシリーズ部門)をそれぞれ獲得した。

すべての受賞結果は以下の通り。
■ 第30回全米映画俳優組合賞(映画部門)
<キャスト賞>
アメリカン・フィクション」
「バービー」
カラーパープル
「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」
★「オッペンハイマー

<主演女優賞>
アネット・ベニング「ナイアド ~その決意は海を越える~」
リリー・グラッドストーンキラーズ・オブ・ザ・フラワームーン
キャリー・マリガン「マエストロ:その音楽と愛と」
マーゴット・ロビー「バービー」
エマ・ストーン「哀れなるものたち」

<主演男優賞>
ブラッドリー・クーパー「マエストロ:その音楽と愛と」
コールマン・ドミンゴ「ラスティン:ワシントンの『あの日』を作った男」
ポール・ジアマッティ「ホールドオーバーズ(仮題)」
キリアン・マーフィー「オッペンハイマー
ジェフリー・ライトアメリカン・フィクション」

助演女優賞
エミリー・ブラントオッペンハイマー
ダニエル・ブルックスカラーパープル
ペネロペ・クルスFerrari(原題)」
ジョディ・フォスター「ナイアド ~その決意は海を越える~」
ダヴァイン・ジョイ・ランドルフ「ホールドオーバーズ(仮題)」

助演男優賞
スターリング・K・ブラウンアメリカン・フィクション」
ウィレム・デフォー「哀れなるものたち」
ロバート・デ・ニーロ「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」
ロバート・ダウニー・Jr.「オッペンハイマー
ライアン・ゴズリング「バービー」

・・・

■ 第30回全米映画俳優組合賞(テレビ部門)受賞作品・受賞者のみ。
<アンサンブル賞(ドラマ部門)>
★「メディア王~華麗なる一族~」
<女優賞(ドラマ部門>
エリザベス・デビッキ「ザ・クラウン」
<男優賞(ドラマ部門)>
ペドロ・パスカルTHE LAST OF US
<アンサンブル賞(コメディ部門)>
★「一流シェフのファミリーレストラン
<女優賞(コメディ部門)>
★アヨ・エデビリ「一流シェフのファミリーレストラン
<男優賞(コメディ部門)>
★ジェレミー・アレン・ホワイト「一流シェフのファミリーレストラン
<女優賞(テレビ映画、リミテッドシリーズ部門)>
★アリ・ウォン「BEEF/ビーフ ~逆上~」
<男優賞(テレビ映画、リミテッドシリーズ部門)>
★スティーヴン・ユァン「BEEF/ビーフ ~逆上~」

■ 第30回全米映画俳優組合賞(スタント部門)受賞作品のみ。
<スタントアンサンブル賞(映画)>
★「ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE」
<スタントアンサンブル賞(テレビ)>
★「THE LAST OF US

■ 生涯功労賞
バーブラ・ストライサンド

※★印が受賞者・受賞作品

バーブラ・ストライサンド(81歳)が登場したときは、俳優たちは全員がスタンディング・オべーションで迎え、バーブラに対するリスペクトを示した。客席には「プラダを着た悪魔」の出演者チームであるメリル・ストリープ、アン・ハサウエイなどの顔が見えた。

 

■「にほんブログ村」にポチッと!。

https://movie.blogmura.com/ranking/in   

https://movie.blogmura.com/moviereview/ranking/in

映画「ナイアド ~その決意は海を越える」(原題:Nyad、2023)を見る。アネット・ベニングがアカデミー賞主演女優賞にノミネート。

映画「ナイアド ~その決意は海を越える」(原題:Nyad、2023)を見る。主演はアネット・ベニング(65歳)とジョディ・フォスター(62歳)。

60歳をを過ぎて“水泳界のエベレスト” とも言われるキューバからフロリダまでの約180キロに及ぶ海峡を泳破するという無茶ぶり計画に成功したという不屈のスイマーの挑戦の実話を描いている。

アネット・ベニングアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。ほかに「哀れなるものたち」のエマ・ストーンと「落下の解剖学」のサンドラ・ヒュラー、「キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン」のリリー・グラッドストーンなど強敵がひしめくカテゴリーで果たして…。

 大谷翔平が袖を通したドジャースのTシャツのポニー(ジョディ・フォスター

・・・

ラソンスイマーを引退して30年、スポーツジャーナリストとして輝かしいキャリアを築いていたダイアナ(アネット・ベニング)だったが、60歳にしてこれまで手の届かなかった夢を叶えたいという思いが膨らむ。

それはボートやヨットではなく、キューバからフロリダまでの約180キロに及ぶ海峡を泳いでしまうという信じられないような挑戦だった。

サメよけのケージを使わずに泳ぎ切るという史上初の快挙を成し遂げるため、ダイアナは親友でコーチのボニー・ストール(ジョディ・フォスター)と献身的なセーリング・チームと共に、4年に及ぶ波乱の旅路を歩み出す──。

そして、2013年9月2日、米国人女性ダイアナ・ナイアドはキューバ―米国フロリダ間、約180kmを自力で泳ぎ切った。ナイアドの年齢はなんと64歳。

しかも、サメよけのケージ(泳者を保護し荒海で泳ぎを補助する働きもある)を使わずに達成した史上初の快挙だった。還暦を過ぎた女性が人類史上、誰も成し得なかった偉業をやり遂げたのだ。

・・・
30年前のフロリダ海峡横断の失敗に再挑戦するナイアドと親友でコーチとして支えるボニー。

還暦を過ぎてなお「バイタリティ」(死語)がすごい。
監督はアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した「フリーソロ」(2018)のコンビ、エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィジミー・チンで、「ナイアド~」が初の劇映画となる。闘志と友情がもたらした偉業の物語

物語は、20代のナイアド本人の記録映像から始まる。ナイアドという姓はギリシャ語で「水の精霊」。その名に相応しく、外洋遠泳の世界記録を次々と打ち立てた。

そして28歳の時、“最後の挑戦”としてフロリダ海峡の横断に挑む。予測困難なメキシコ湾流の渦や高波に加え、サメやクラゲの大群が待ち受ける。

「無謀すぎると分かっているけど、私ならできると思う」と挑戦。

しかし、その挑戦は失敗。約30年後、還暦を迎えたナイアドをアネット・ベニングが演じる。アネット・ベニングといえば「バグジー」や「アメリカン・ビューティ」など正統派美人というイメージだったが「ナイアド」では、そんなイメージはまったく「ナイ」やど。

鏡に映る顔には皺が目立つ。ナイアドは海峡横断挑戦後の自身のインタビュー映像を見返す。そして、ナイアドは60歳にして再挑戦の決意を固める。2度目は61歳の時。あえなく失敗。7週間後、62歳で3度目の挑戦。クラゲに刺され失敗。4度目は雷雨に襲われ失敗…。

失敗は成功の基。5度目の挑戦でついに…。
幼少期に受けた性的虐待。親子関係の心の傷。そうしたトラウマが、感覚が遮断された外洋で幻覚となって蘇る。

一方で、孤独な闘いを支えるかけがえのない友人や仲間たちの存在がナイアドを前へと進める。人間が持つ底知れない力を感じさせてくれる一作。

ただ、ひたすら海で泳ぐシーンなどが多く、睡魔に襲われそうになるが、5度目の正直で目標の達成感が最後に伝わってくる。

ジョディ・フォスターもしわしわの60代前半で、スイマー・コーチを演じている。映画のオープニングのイントロでかかる曲はなんと名作映画の主題歌のひとつが流れる。

やられたぁというすばらしさ(「卒業」の「サウンド・オブ・サイレンス」)

 

■「にほんブログ村」にポチッと!。

https://movie.blogmura.com/ranking/in   

https://movie.blogmura.com/moviereview/ranking/in

映画「落下の解剖学」(原題:Anatomy of a Fall、2023、フランス)を見る。

  

映画「落下の解剖学」(原題:Anatomie d'une chute/Anatomy of a Fall、2023)はフランス映画で、第76回カンヌ国際映画祭でのパルムドール(最高賞)ゴールデングローブ賞の2冠に輝いた法廷サスペンス映画。

夫が不審な転落死を遂げ、彼を殺害した容疑で法廷に立たされた妻の言葉が、夫婦の秘密やうそを浮かび上がらせる。

果たして、夫の死は事故、自殺、他殺か?…が争点となる裁判では、我々観客が陪審員の立場になって判断を迫られる。

メガホンを取るのは「ヴィクトリア」などのジュスティーヌ・トリエ。主演のザンドラ・ヒュラーは、トリエ監督の「愛欲のセラピー」でタッグを組んだドイツの女優。

上記2冠のほか、英国アカデミー賞では脚本賞を受賞ザンドラ・ヒュラーは、同賞で主演女優賞、別の映画「関心領域」では助演女優賞のWノミネートを果たしていた。

アカデミー賞でも主演女優賞にノミネートされているなど、いま勢いのある女優の一人。

・・・


人里離れたフランス・グルノーブルの雪山の山荘で、視覚障がいをもつ11歳の少年ダニエル(ミロ・マシャド・グラネール)が血を流して倒れていた父親サムウェルを発見し、悲鳴を聞いた母親サンドラ(ザンドラ・ヒュラー)が救助を要請するが、父親はすでに息絶えていた。

当初は転落死と思われたが、その死には不審な点も多く、前日に夫婦ゲンカをしていたことなどから、妻であるベストセラー作家のサンドラに夫殺しの疑いがかけられていく。

息子に対して「ママを信じて!モンスターなんかじゃない」と必死に自らの無罪を主張するサンドラだったが、事件の真相が明らかになっていくなかで、仲むつまじいと思われていた家族像とは裏腹の、夫婦のあいだに隠された秘密や嘘が露わになっていく。

裁判では、サンドラは旧知の弁護士が弁護を引き受けるが、検察側の厳しい追及(かなり憎たらしい)に無罪を勝ち取ることができるのか…。

・・・
一筋縄ではいかない映画だった。
サンバのようなリズムの大音響の音楽、サンドラの腕のアザ、現場検証の再現、夫が服用していた薬の存在、USBに夫が残していた夫婦の会話のやりとり、息子の二転三転する証言の真実性、妻の証言の信ぴょう性、介護犬スヌープの存在、様々な要素が絡み合って、陪審員たちは結論を導く。

人間的な温もりがあり穏やかな性格に見えるサンドラ目線で物語を見ていると、物語が進むにつれて、何かあるなという疑念にとらわれていく。

後の裁判における検事(アントワーヌ・レナルツ)の追及で、隠れていた闇や秘密が次々と明るみに出て、見る側も真相について疑問が湧き上がってくるからだ。

 

裁判では、最後に11歳の息子が証言をすることになるが、母親を守るために証言を変えたのかも追及されるが…。結末には賛否も含めて様々な意見があふれそう。

練りに練った脚本が良く、英国アカデミー賞脚本賞受賞に続いてアカデミー賞でも期待がかかる。

主演女優賞は「哀れなるものたち」のエマ・ストーンで決まり!とみていたが、ザンドラ・ヒュラーの圧巻の演技がすさまじく、逆転するならこの女優か。もう一人、アネット・ベニングの「ナイアド ~その決意は海を越える~」を見たばかりだが、60代半ばで、165キロメートルの海を泳ぐ過酷な演技で、これもすごい。

※「MOVIX さいたま」で鑑賞(2月24日8:15~)

■「にほんブログ村」にポチッと!。

https://movie.blogmura.com/ranking/in   

https://movie.blogmura.com/moviereview/ranking/in

【コーヒーブレイク】「ChatGPT に聞いてみた」「死ぬまでに見ておきたいハリウッド映画を挙げてください」

fpdQ: 死ぬまでに見ておくべきハリウッド映画について教えてください。

ChatGPT】 A:

もちろんです!以下はさまざまなジャンルや時代のハリウッド映画の中から、死ぬまでに見ておくべきと考えられるいくつかを挙げてみます。これはあくまで個人的なおすすめであり、あなたの好みや興味によって異なるかもしれませんが、幅広い選択肢を提供しますね。

  1. "ショーシャンクの空に" (The Shawshank Redemption) …☆☆☆☆(fpdの評価、以下同様)
  2. "ゴッドファーザー" (The Godfather) シリーズ…☆☆☆☆☆☆5個は生涯5作品:そのうちの1本
  3. "スター・ウォーズ" (Star Wars) シリーズ…☆☆☆
  4. "シンドラーのリスト" (Schindler's List)…☆☆☆☆
  5. "フォレスト・ガンプ" (Forrest Gump)…☆☆☆
  6. "レイダース/失われたアーク" (Raiders of the Lost Ark)…☆☆☆
  7. "ホテル・ルワンダ" (Hotel Rwanda)…未見
  8. "エイリアン" (Alien)…★★
  9. "タイタニック" (Titanic)…☆☆☆
  10. "インセプション" (Inception)…★★
  11. "ゴーン・ウィズ・ザ・ウインド" (風と共に去りぬGone with the Wind)…☆☆☆
  12. "ラ・ラ・ランド" (La La Land)…☆☆☆☆
  13. "バック・トゥ・ザ・フューチャー" (Back to the Future) シリーズ…☆☆☆
  14. "マトリックス" (The Matrix)…★★
  15. "ワンダーウーマン" (Wonder Woman)…★★
  16. "ブレードランナー" (Blade Runner)…★★
  17. "グッドフェローズ" (Goodfellas)…★★
  18. "レオン" (Léon: The Professional)…★★
  19. "パルプ・フィクション" (Pulp Fiction)…★
  20. "アベンジャーズ" (The Avengers) シリーズ…★

これらは、映画史上重要な作品や人気のある作品を含んでいます。好みや関心に合わせて選んでみてください!

・・・

この中でお気に入り映画は4本。名作もあれば、意外と大衆的(「アベンジャーズ」など)な作品もある。

・・・

(追加)別の形で再度質問してみました。

Q:fpd
映画の歴史は130年と追われています。死ぬまでに見ておくべき映画として、50本から100挙げるとすればどのような映画がありますか。大作「ベン・ハー」「アラビアのロレンス」「ウエストサイド物語」などもぜひ含めてください。
A: ChatGPT
素晴らしい映画を挙げるのは楽しいですね!歴史的な重要性や影響力、評価などを考慮して、いくつかの選択肢を提供します。以下は、あなたが見ておくべき映画の一部です:
街の灯(シティ・ライツ)(1931)
風と共に去りぬ(ゴーン・ウィズ・ザ・ウインド)(1939)
シンドラーのリスト(1993)
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(1977)
シンドバッド七回目の航海(1958)
ショーシャンクの空に(1994)
シンドラーのリスト(1993)
スタンド・バイ・ミー(1986)
ダンケルク(2017)
サウンド・オブ・ミュージック(1965)
スパルタカス(1960)
グッドフェローズ(1990)
ピンク・パンサー(1963)
ローマの休日(1953)
ワン・フ flew ・ルー flew ・フー flew ・ネスト(1975)
ジョーズ(1975)
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002)
ランボー(1982)
タイタニック(1997)
メメント(2000)
フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)
レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981)
アフリカン・クイーン(1951)
ブレードランナー(1982)
ゴッドファーザー(1972)
ファイティング・トーキョー(2010)
チャーリーとチョコレート工場(2005)
ゴッドファーザー PART II(1974)
インセプション(2010)
トゥルーマン・ショー(1998)
ターミネーター1984
グリーン・マイル(1999)
ブラック・スワン(2010)
エターナルサンシャイン(2004)
レヴェナント:蘇えりし者(2015)
マトリックス(1999)
ブルーベルベット(1986)
カサブランカ(1942)
ウォーターワールド(1995)
ショーシャンクの空に(1994)
レオン(1994)
ローマの休日(1953)
インターステラー(2014)
ダイ・ハード(1988)
ランボー/怒りの脱出(1985)
ターミネーター2(1991)
ハンニバル(2001)
バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)
プレデター(1987)
これらの映画は、映画史上のさまざまなジャンルや時代をカバーしており、それぞれがその時代の精神やテーマを象徴しています。

 

【蛇足】

SNSFacebook)で「ハリウッドの有名俳優」から友達リクエスト(申請)が。

なりすましが多いので気を付けなければ。即、削除しましたが…笑。

■「にほんブログ村」にポチッと!。

https://movie.blogmura.com/ranking/in   

https://movie.blogmura.com/moviereview/ranking/in