fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">★「2010年以降の邦画ベスト10」</span>

2010年以降の邦画で、かなりツボだったという映画を「邦画ベスト10」として選んでみた。基準は単純に「面白かった」で、映画賞とは無縁の映画や異色作が多い。
コメント一言(50字以内)。
 
【1】「イニシエーション・ラブ」(2015)監督堤幸彦




















★80年代の懐かしの音楽に乗せて、伏線をめぐらし回収、
最後の5分にあっと驚くどんでん返し。

【2】「横道世之介」(2013)監督:沖田修一





















★今はなき横道世之介高良健吾)との思い出を与謝野祥子
吉高由里子)が回想。祥子のお嬢様言葉がグー。

【3】「贖罪」(しょくざい、2012)監督:黒沢清




















★子を見殺しにされた小泉今日子が、子供の友だちだった

【4】「ビリギャル」(2015)監督:土井裕泰






















★成績ビリの女子高生が、予備校講師のアドバイスで一念発起、
現役合格を勝ち取る姿を有村架純が熱演。

【5】「百円の恋」(2014)監督:武正晴

























引きこもりのニート生活のアラサー女子(安藤サクラ)が、
ボクシングを通して、自身の未来を切り開く。

【6】「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016)監督:中野量太























死にゆく母宮沢りえの熱い想いと、想像もつかない
驚きのラスト涙と生きる力がほとばしる家族の物語。

【7】「淵に立つ」(2016)監督:深田晃司





















★人間の奥底の闇を描いた、ほぼホラー映画で、
無表情で隠された狂気をもつ浅野忠信が圧巻。

【8】「凶悪」(2013)監督:白石和彌























獄中の死刑囚ピエール滝が告発した殺人事件の
真相を記者が追う実話ベースの社会派サスペンス。

【9】「愛と誠」(2012)監督三池崇史





















70年代の音楽を中心としたエンタメ・ミュージカル。
安藤サクラ・女番長とお嬢様・武井咲が見どころ。

10】「HK/変態仮面」(2013)監督:福田 雄一


 





















人を食ったような名前の色丞狂介鈴木亮平)が、
パンティをかぶって、人助けをする抱腹絶倒映画。
 
【その他、圏外】
「紙の月」(2014)
鍵泥棒のメソッド」(2012)
アウトレイジ」(2010)「~ビヨンド」(2012)
「さんかく」(2010)
冷たい熱帯魚」(2010)
「後妻業の女」(2016)
「殿、利息でござる」(2016)
闇金ウシジマくん」(2012)
22年目の告白 -私が殺人犯です-」(2017)






「告白」(2010)
「悪人」(2010)
「ジャッジ!」(2014)
舟を編む」(2013)
ストロベリーナイト」 (2013)
わが母の記」(2012)
シン・ゴジラ」(2016)
今度は愛妻家」(2010)
夢売るふたり」(2012)
「八日目の蝉」(2011)


※ちなみに最低映画は「R100」(2013)。カネ、かえせぇ~!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。