fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">あまり変な日本語を教えないで。</span>

 台湾で、台湾の事務所の人たち、女性、男性ら7-8人で、
 今日ランチを食べていましたが。

 突然、独身の台湾人女性が、年上の台湾人男性社員の上司に向かって
 
「うるさいよ」「うるさい」

と話しているではありませんか。
 びっくりしました。最近、日本語を家庭教師で習って
 いるようなのですが、先生は、変な日本語を教えないで
 ほしいです(笑)。意味のわからないほかの社員の人が
 きょとんとしていたので、「うるさい」は、英語の
 「シャラップ!」のことだよと説明しておきました。
 (語調から、納得していました)

 日本で、部長に向かって、新入社員の女子社員が、
 「うるさいよ」といったらどうなるか、想像するだけで、
 「666」の怖ーーーい世界。恐ろしい!明日から、自分の
  席はないと思います。

 次に「あほう」「ばか」というのも聞こえてきました。
 おいおいって感じです。まあ、若い女性から
 お酒の席で「ばかね」といわれるのと違いますからね。
 (そちらのほうは、悪い気はしません、って、こらfpd)
 昼間の仕事中のランチですから、変な日本語をしゃべられると、
 調子が狂うではないですか(笑)。

 いわれた、台湾人男性も黙っていません。
 
 その人、一言、最後にいってましたよ。
 若い女性に向かって・・・

 「バ・カ・ヤ・ロ・ウ」

 (もうだめだ、疲れる。ヤロウは、男のことで・・・云々
  って説明する気もおこらなくなりました=笑)