fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">&#039;00⑫「ポセイドン」・・・リアルさに徹したのか物語は希薄</span>




                 ↑30年以上前のポセイドンアドベンチャーと比較するな  
                  といわれても。

 「ポセイドン」(2006)を見ました。
 前作の公開から30余年。リアルタイムで見た、ジーンハックマン、アーネスト
ボーグナイン、シェリーウインタースなど往年の大スター競演の前作とは、
だいぶ違うという印象でした。
 
 今回のポセイドン号の豪華客船は、桁違いにスケールアップしており、
最初の導入部で、船の全貌をわれわれは知りますが、ひとつの大きな高層
インテリジェントビルを思い起こさせます。
 
 徹頭徹尾、容赦なく、自然の怖さと、転覆後の、二次、三次災害を見せつけ
ます。リアルに、リアルにという映像を通じての恐ろしさは、十分すぎるほど、
伝わってきました。迫力という点では、あの「大地震」「タワリングインフェルノ」を
凌ぐかもしれません。とくに転覆シーンは、想像を超えたリアルさで迫ります。

 欲を言えば、物語、人間描写が、希薄だったのではないか、と思います。誰が主役という
ことも特になく、生き残りのために、戦う姿に比重がかかっていたようです。
前作もそうでしたが、この人も死んでしまうのか、といった場面もありましたが、
それもより真実味を持たせるための脚本だったのでしょうか。

 娯楽映画というよりも、宣伝文句にもあったように、観客を現実にポセイドン号の
乗客に見たてた、参加型(?)デザスタームービーとしては評価でき、
あの「タイタニック」と比べては、ストーリー性がない分だけ、劣ると
いわざるを得ない海洋アドベンチャー「巨編」でした。
 リチャードドレイファスは、「ジョーズ」でも闘いましたが、
当然30年もたっているわけで、年もとりましたが、海水シーンなど、
まだまだ元気なところを見せていました。


鑑賞:台湾(台北)の映画館にて。


★★