fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">★孤高の映画監督:「サム・ペキンパー特集」(スカパー!)を見る。</span>



昨日はスカパー!で巨匠「サム・ペキンパー」の特集を放送していた。
スカパー!には加入していないが、無料放送だったので見た(笑)。

厳格な家に育ったサム。
実妹の証言のほか、ジェームズ・コバーンなど映画の出演者たちの声が聞かれた。
製作サイド(プロデューサー)をクビにしたり、逆に「シンシナティ・キッド」の監督をクビにされたりと、プロデューサーにとっては、”扱いにくい”監督であったようだ。

3時間で終わる撮影を、3日かけたり、製作費をコントロールしているプロデューサーにとっては、製作費がかさむなど頭が痛かったらしい(笑)。

ワイルドバンチ」では、迫力を出すために”実弾”を使ったというから、徹底している。何度も取り直しがあるたびに、血塗られたシャツを着替えなければならない♪



2005年には、ペキンパーのドキュメンタリー映画サム・ペキンパー 情熱と美学」が公開された。

59歳で亡くなるまで残した作品はわずか14本と少ない。
南北戦争時代、北軍兵の頭皮を剥ごうとした南軍兵への復讐を描いたデビュー作「荒野のガンマン」は、当初製作サイドは及び腰で期待しなかったが、話題となった。

映画監督は、映画が成功しないと、次の作品が撮れないという厳しさがあった。
時代に取り残されたアウトローたちの壮絶な最後を描いた映画史に燦然と輝く傑作「ワイルドバンチ」(1968)。このストップモーション/スローモーション映像は、衝撃を与え、多くの映画に多大の影響を与えた。銃撃シーンも実戦そのもの。




スティーヴ・マックイーン主演の男と女の逃走劇「ゲッタウェイ」(1972)。



■「ゲッタウエイ」記事:https://blogs.yahoo.co.jp/fpdxw092/38779739.html

戦争の狂気と哀しみを描きカンヌ映画祭国際批評家連盟賞を受賞した「戦争のはらわた」(1977)など、革新的なスローモーション撮影によるバイオレンス描写で“血まみれのサム”という異名を持つ。


        

シネフィルや映画製作者の間ではまさに映画の教科書・神話のような存在。
だが、同時に、撮影所の商業主義やプロデューサーとの絶えることのないトラブルの多さから、鬼のような怒れる存在とされていた。




■サム・ペキンパーSam Peckinpah, 1925年2月21日 - 198412月28日):
代表作に「ワイルドバンチ、「わらの犬、「ゲッタウェイ、「ガルシアの首、「戦争のはらわたなどがある。

本国アメリカではその残酷な作風から「血まみれのサム」(原文:Bloody Sam)と呼ばれた。日本では最後の西部劇監督、あるいはバイオレンス映画の巨匠として知られる。

暴力描写とそれを写し出す映像技法は映画界に留まらず、ジャンルを超えて多くの人々へ影響を与えた。 「ダンディ少佐」は、製作者とのトラブルで中止になりかけたが、主演のチャールトン・ヘストンが間に入って完成にこぎつけたという。ヘストンの力は大きかった。

ペキンパー自身は、黒澤明の「七人の侍」などに強く影響を受けているという。

■監督作品(テレビも含む):
1955年 『ガンスモーク』(TVシリーズ) 監督 ☆☆☆
1956年 『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』  脚本/出演
1958年 『ライフルマン』(TVシリーズ) 監督 ☆☆☆☆
1960年 『遥かなる西部』(TVシリーズ) 監督
1960年 『風雲クロンダイク』(TVシリーズ) 監督
1961年荒野のガンマン』 - The Deadly Companions 監督
1962年昼下りの決斗』 - Ride the High Country 監督 ☆☆☆
1965年ダンディー少佐』 - Major Dundee 監督/脚本
1966年 『昼酒』(TV映画) 監督
1969年ワイルドバンチ』 - The Wild Bunch 監督/脚本 ☆☆☆☆
1970年砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード』 - The Ballad of Cable Hogue
      監督/製作 ☆☆☆




1971年わらの犬』 - Straw Dog 監督/脚本 ☆☆☆☆
1972年ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦』 - Junior Bonner  監督 ☆☆☆
1972年 『ゲッタウェイ』 - The Getaway 監督 ☆☆☆☆
1973年ビリー・ザ・キッド/21才の生涯』 - Pat Garret and Billy the Kid 監督/出演        ☆☆☆
1974年ガルシアの首』 - Bring Me the Head of Alfred Garcia 監督/脚本 ☆☆☆ 1976年キラー・エリート』 - The Killer Elite 監督
1977年戦争のはらわた』 - Cross of Iron 監督 ☆☆☆☆
1978年コンボイ』 - Convoy 監督
1979年 『訪問者』 - The Visitor 出演
1983年バイオレント・サタデー』 - The Osterman Weekend 監督

■個人的好みによる「ベスト3」(順不同)。
(1)「ゲッタウエイ」
(2)「ワイルドバンチ
(3)「わらの犬
次点:「ジュニア・ボナー」
※すべて劇場鑑賞。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。