fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「グレートレ―ス」(1965)ドタバタコメディ。</span>













グレートレース原題:The Great Race1965を見た。過去にテレビで一部はみていたが挫折していた(笑)。なにしろ160分の長さで、途中で休憩が入る。

冒頭に「ローレル&ハーディに捧ぐ」という献辞がある通り、サイレント映画のドタバタを豪華に再現しようとしたスラプスティックコメディ映画。

1965年度アカデミー賞音響効果賞を受賞。監督ティファニーで朝食を」「酒とバラの日々ピンク・パンサー」シリーズなどのブレイク・エドワーズ音楽はヘンリー・マンシ―二

この映画は1908年に実際に行われたニューヨークからパリまでの自動車レース(1908 New York to Paris Race)をモチーフにしており、約35,000キロのコースとその時期を実話に合わせて話を展開させている。





カーテイスとレモンはお熱いのがお好き」(1959)で共演し、カーテイスとウッドは求婚専科」(1965)で共演している。後に「刑事コロンボ(1968~)で刑事役でブレイクしたピーター・フォークが悪役でコメディアンの片鱗を見せている。


・・・
20世紀初頭。ニューヨーク・パリ間の自動車大レースを思いたった男たちがいた。対抗意識の強いレスレー(トニー・カーティス) とフェイト(ジャック・レモン)で、いつもみじめな思いをするフェイトは、こんどこそ、と悪知恵をかけて大ハリキリ。


ところで、マギ
―・デュボワ(ナタリー・ウッド) という、ある新聞の取材記者男まさりが参加者に加わった。抜け目のないフェイトがレスリー以外の参加者を原因不明の爆発事故でフッ飛ばした。

彼女は同僚のヘゼカイア(キーナン・ウィン) とレスリーの車に同乗することになった。レースはスタート。

一行が着いた西部のある町では、フェイトのヤリ口も悪辣になり、レスリーをリリー(ドロシー・プロバイン) とその恋人との三角関係にまき込ませ、ひと思いに放火した。その後もガソリンをなくして馬に引かせるレスリー、河を渡ろうと、水浸しになるフェイト



坂の多いサンフランシスコ、零下40度の猛吹雪の中を珍レースを展開、ロシアに着いた。大歓迎である。キュスター将軍(ジョージ・マクレディ)に迎えられたレスリーとフェイトとヘゼガイアは、皇太子を紹介されてフェイトと瓜二つなのにおどろいた。

フェイトは国を乗っとろうという悪男爵のために偽皇太子にされそうになるが、デュボワらの助力で事件を解決させた。2台の車はパリへ向かってフランスを走る。が、恋仲になったレスリーデュボワが痴話ゲンカを始め、ゴール寸前で仲直りしたものの、フェイトの車が追い抜いてしまう。

今度はフェイトが承知しない。ワザと勝たせたんだ、インチキだと。
レースのやり直しをすることになった。新婚気分のレスリーデュボワ、掛け値なしの勝利を狙うフェイト。

さて栄冠はどちらに、再びレースがはじまった(MovieWalker)


・・・
ナタリー・ウッドが明るくはつらつとして、勝ち気な女性を演じ、テーマ曲を歌うシーンなどは、マリリン・モンローの「帰らざる河」を思わせるような、しっとりした歌声。





ジャック・レモンピーター・フォークが、インチキくさい凸凹コンビのバディぶり。



トニー・カーチスは、白のスーツで、フェンシングやサーベルでのアクションを見せたり、そのにやけた色男ぶりが健在。



デュボア(ナタリー・ウッド)に思いを寄せ、最終的に結婚することになり、レースの勝敗は二の次。時々、トニー・カーチスの白い歯がキ~ンとキラリと光るところが笑わせる。


途中、アラスカでは、氷の欠片(かけら)に置き去りにされたり、パリでは、道を間違えて、モンマルトルの階段をがたがたと車で降りたり、とにかく最初から最後までハチャメチャな映画。




クリームたっぷりの
パイ投げ合戦シーンは見どころ。
サイレント映画アメリカのドラマでは、パイ投げのシーンが多いが、日本では、めったにお目にかからないし、習慣がない。

パイの中に、ブランデーやラム(酒)も入っているようで、それなら顔にお見舞いされてもいいかもしれない。
この映画では、映画史上最大ともいわれる規模で“パイ投げ”が繰り広げられる。
大真面目にギャグを考え、俳優の演技、セットや大道具・小道具、スタント、特殊効果、すべてに莫大な手間と工夫、制作費が注ぎ込まれた、壮大な爆笑コメディー。
エキストラも当時の衣裳でその数は膨大。

■主な登場人物:
・フェイト教授/皇太子ハプニック(2役): ジャック・レモン
・グレート・レスリー・ギャラント三世 :トニー・カーティス
・マギー・デュボア: ナタリー・ウッド
・マクシミリアン(マックス)・ミーン: ピーター・フォーク: フェイト教授の助手。
・ヘゼカイア・スターディ: キーナン・ウィン: レスリーの忠実なメカニック。
・ヘンリー・グッドボディ :アーサー・オコンネル: ニューヨーク・センチネル紙の社長兼編集長。 ・ヘスター・グッドボディ: ヴィヴィアン・ヴァンス: ヘンリーの妻。女性人権運動家。
・リリー・オーレイ: ドロシー・プロヴァイン: ボラーチョの酒場の歌手。
・テキサス・ジャック:ラリー・ストーチ: リリーの情夫。暴れ者。
・ロルフ・フォン・ステュッペ男爵: ロス・マーティン: 皇太子を廃しカルパニア王国の乗っ取りを企む男。
・キュスター将軍 : ジョージ・マクレディ: ステュッペ男爵の仲間。
・フリスビー: マーヴィン・カプラン: グッドボディ編集長の部下。
・ボラーチョの市長:ハル・スミス ・ボラーチョの保安官: デンヴァー・パイル

原案:ブレイク・エドワーズアーサー・A・ロス
脚本:アーサー・A・ロス
撮影:ラッセル・ハーラン
編集:ラルフ・E・ウィンタース
音楽:ヘンリー・マンシ―二
日本公開:1965年12月
時間:160分

※1974年6月2日9日テレビ朝日日曜洋画劇場」でテレビ放送された。

☆☆☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。