fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「マーフィーの戦い」(1971)の飛行シーン。</span>



マーフィーの戦い」(原題:Murphy's War, 1971)は「ブリット」(1968)ピーター・イェーツ監督、「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥール主演。テーマ音楽はジョン・バリーguchさんが記事にしていたが、未見かと思ったら、1972年ごろ劇場二番館で見ていたようだ。

・・・
舞台は第二次世界大戦末期。
整備兵のマーフィ(ピーター・オトゥール)たちが乗るイギリス商船マウント・カイル号が南米を航行しているとき、ドイツのUボートに襲撃され乗組員が殺される。

生き残ったマーフィは、ルイ・ブレザンたちに発見され村の医師ヘイドンに手当てをしてもらう。その後、マーフィの上官であるエリス中尉が救助され、彼から哨戒機のグラマンJ2Fダックがあることを聞いたマーフィはルイと共に探しに行く。



しかしその頃、ドイツ軍が村に上陸しUボート艦長のラウクスがエリス中尉を射殺する。マーフィはUボートを見つけるため、J2Fを修理する。





                                   「マーフィーの戦い」の飛行シーン。


マーフィーがJ2Fに乗り込み、水上からなかなか飛びたたないシーンなどハラハラさせるが、今見ても、大画面の劇場で見れば迫力満点の映画だ。

DVDデジタルリマスター版、ブルーレイが発売されている。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。