fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「黒い家」(1999)。大竹しのぶの怪演。</span>



黒い家」(1999)を見た。サイコスリラー、サイコパス映画だった。
大竹しのぶが、喋りはゆっくりだが、不気味で凶暴なサイコパス反社会性人格障害者=ぶっ壊れた人間)を演じて恐ろしい悪女ぶりを見せている。近年の「後妻業の女」もそうだが、その怪演には圧倒させられる。
 
「黒い家」に住む夫婦は保険金詐欺の悪事を繰り返すのだが・・・。
 
・・・
保険会社「昭和生命」の支社に勤務する若槻(内野聖陽)は、毎日のようにお客からのクレームを対応するという神経をすり減らすような日々を送っていた。
 
ある時電話でぶっきらぼうな話し方をする女から電話がかかってくる。
「自殺は保険金が下りるのか」と聞いてきた。電話口の若槻は「場合によります」と答える。若槻は、電話の主が自殺を図ろうとして、遺族に保険金が入るのかと聞いてきたと思い込み、「もしかして自殺を考えているのではないか。それはやめたようがいい」というと、「あんた、名前は」と聞いてくるので「若槻と申します」と答えた。
 
ある日、菰田重徳(西村雅彦)という契約者に呼ばれ、彼の家へと向かう。
重徳は、隣の部屋の義理の息子を呼ぶが出てこないので、若槻に息子に声をかけてくれと頼む。そして、若槻が息子の名を呼び襖(ふすま)を開けると、息子の首吊り死体があった
 
警察は自殺と判断し、若槻の会社は保険金を払う事を決定する。
しかし、若槻は彼の家庭に何かよからぬ計画を感じ取り、独自に調査を開始するのだった。
 
すると、重徳の妻である幸子大竹しのぶと重徳は、保険金のためなら自ら指を切り落すような異常な人間である事を知る。
 
心理学の専門家・金石に菰田夫妻のプロファイリングを依頼したところ、彼らは心がない人間(サイコパス)であるとの判断を下す。若槻はなるべく菰田夫妻とは関わり合わないようにしようと決意する。


 
しかしその金石が何者かに惨殺され、さらに重徳が自ら両腕を切り落とすという事態を迎えると、さすがの若槻も部外者ではいられなくなってくる。
 
悪質な契約者に対応する専門家である潰し屋・三善(小林薫)を幸子の元に派遣して様子を見るが、逆に三善は幸子の返り討ちにあい、同じように惨殺されてしまう。
 
さらに激怒した幸子はついには若槻の自宅に侵入、若槻の恋人、黒沢恵田中美里を拉致してしまう
 
恋人・黒沢恵を救うために幸子の家へと向かった若槻は、を救う事が出来るの
 

・・・
サイコ・ホラー映画だが、今見ると、ツッコミどころも多い。
主人公の保険会社社員・若槻があまりにも小心者で、落ち着きがなく間が抜けた臆病者で、恐怖に対するリアクションがオーバー。全く共感できない。
 
幸子を演じる大竹しのぶが圧巻。
保険会社に電話するときに車から電話しているが、衣装は黄色。
見ていると、泳ぎの水着も黄色。サングラス、マニキュアの色も黄色。
得意なボーリングの球も黄色。子供が小さい頃魚釣りに出かけたが、ジャンバーは黄色。黄色に執着している。

このボーリングの黄色い球が、この映画の大きなポイントとなっている。
黄色といえば、映画の冒頭で黄色い「ひまわり」が登場していた。恵が拉致され猿ぐつわされていたが、そのテープまで黄色だった。

幸子は、性格が破綻していて、全く平常ではない。
保険について、自殺の場合、保険の「約款」があるというと「やかん?」だったり、「故意に保険金目当ての自殺は、保険金が出ない」というと「恋だか愛だか知らないけど、証拠でもあるなら見せて」と凄みを見せる。


 
再婚した夫・菰田重徳西村雅彦)は、幸子以上に、異常性格者。
息子を殺し、自殺に見せかけているのは明らかだが、連日、保険会社に押しかけて、「保険金はまだ降りないのか」と繰り返し、言いに来る。「そうか。まだなのか」と目はうつろで、わなわなと体を震わせて、繰り返すばかり。


 
見ている方が、保険会社と悪質契約者との神経戦に苛立ちを覚える。
しかし、悪の栄えたためしはなく、最後は壮絶な結末を迎える。
 
・・・
1999年11月13日松竹配給で公開。キャッチコピーは「この人間には心がない」。原作者の貴志が営業マン役で出演。
 
監督:森田芳光
音楽:山崎哲
エグゼクティブプロデューサー:原正人
製作総指揮:角川歴彦、大谷信義
配給:松竹


 
出演:
若槻慎二:内野聖陽
保険会社「昭和生命」北陸支店で働く査定や保全担当の会社員。真面目だが気弱な性格で、話し方も大人しい。趣味は水泳だが泳ぎ方にクセがあり、しぶきが隣のレーンの人にかかるぐらい立つ。
菰田(こもだ)幸子:大竹しのぶ岸里(少女時代)
常に夢うつつのような個性的な話し方が特徴。重徳とは再婚。
趣味はボウリング。黄色が好きで、作中では普段着ている服や水着、サングラスのフレームなどに黄色いものを取り入れており、ボウリング場で使うボールも黄色である。



菰田重徳:西村雅彦小川恵光(少年時代)
旧姓小坂。常に体を揺らし、ぎこちない喋り方をする。過去に障害給付金を詐取するために自分で自分の指を切断する「指狩り族」として保険に加入していた。実は小学校は幸子や大西光代と同じ。小学6年生の時の遠足で同じ学年の女の子が池で亡くなった事件があり、重徳が好意を寄せていたことから、彼女を殺した疑いがかけられたことがある。
黒沢恵:田中美里
若槻の恋人。大学で働いており、同じ大学の助教授である金石については、人にレッテルを張るようなものの見方をすることに抵抗があると評している。
葛西好夫:石橋蓮司
若槻の直属の上司。ベテラン職員で知識も経験も豊富であり、様々な保険加入者のクレームや難癖をなんとか穏便に対処する術を心得ている。
松井刑事:町田康
金沢中警察署の刑事。常に右足を引きずって歩いている。金石の遺体の身元確認で、遺体が若槻の名刺を持っていたため引きあわせた。
三善茂:小林薫
問題のある顧客の応対を得意とする保険外交員。普段は穏やかな口調だが、どこか凄みのある人物。葛西によると実は元極道関係者で結婚を機にカタギとなり、保険会社に転職したという。



金石克己:桂憲一
犯罪心理学が専門の大学助教授。怪しげな雰囲気を持つ人物。重徳(名前は伏せた状態)の小学生の時の作文を読むなどして「情勢欠如ではないか」「サイコパス」と判断した。
角藤:伊藤克信
昭和生命の保険加入者。同社の1回の入院給付金の限度日数が120日で、ちょうど120日ごとに病名を変えて入院を続けているが、若槻たちに難癖をつけて契約解除に応じようとしない。作中では診断している病院もグルで、角藤は給付金をもらって入院しており、昼間はいつもパチンコに行っているとされる。
大迫外務次長:菅原大吉
木谷内務次長:佐藤恒治
橋本教諭:小林トシ江
幸子と重徳の小学5年生の時の担任教師。幸子については目立たない性格ということもあり「あまり良く覚えていない」、重徳については「色々と問題のある子だった」と語っている。国語力をつけさせるため、作文が苦手な子でも個性的な文章が書けるという理由で自身が担当を受け持ったクラスの児童に「夢(昨夜見た夢など」について作文を書かせている。
大西光代:友里千賀子
元保険外交員。幸子とは同じ小学校の同級生だが、それほど仲が良かったわけではない。務めていた保険会社のノルマもあり、偶然再会した幸子に保険を薦めた。
波多野医師:鷲尾真知子
重徳が働いている工場での事故により腕を切断した時の様子などを若槻に説明した。
菰田和也:針谷俊
幸子の連れ子。両親によって保険にかけられていたが、自宅で縊死した。死体発見者は若槻であるが、保険を受け取るために殺された疑いを持ち、若槻が調査を始める。
高倉嘉子:西美子
守衛:荒谷清水
昭和生命の建物を担当している警備員。作中では夜に会社内を見廻っており、時々残業をしている若槻に声をかけている。
営業マン:貴志祐介
出前持ち:山崎まさよし
  
☆☆☆
  
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。