fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「泥棒成金」(1955) ヒッチコック監督。</span>



アルフレッド・ヒッチコックが監督の「泥棒成金」(原題:To Catch a Thief, 1955)を見た。大昔テレビで見ていたので再見だが、ヒッチコック作品にしてはサスペンスに欠けやや単調だが南仏などの風景がみどころ。
 
デイヴィッド・ドッジの探偵小説を「裏窓」のジョン・マイケル ・ヘイスが脚色私は告白する」のロバート・バークスが撮影を担当。主な出演者は「汚名」のケーリー・グラント、「喝采」のグレイス・ケリー、「麗しのサブリナ」のジョン・ウィリアムズ、「悪魔のような女」のチャールズ・ヴァネル、「巴里の空の下セーヌは流れる」のブリジット・オーベール、「愚かなり我が心」のジェーン・ロイス・ランディスなど。
 
身軽に屋根を飛び歩く事から“猫”と異名をとっていた宝石泥棒のジョン・ロビー。
彼は、今はリヴィエラに別荘を持って悠々自適に堅気の生活を送っていた。そんな平穏な彼のもとに、“猫”が再び活動を開始したというニュースが舞い込んできた。驚いた彼は、さっそくそのニセモノの調査に乗り出す・・・といったストーリー

ダイヤルMを廻せ!」「裏窓」に続いてヒッチコック映画3作目の出演となグレイス・ケリーの美しさが光る1本。
  


パリの大警視ルピックが南仏リヴィエラにやってきたのは、戦前 「猫」と異名をとった、稀代の宝石泥棒のジョン・ロビー(ケーリー・グラント)がまたまた活躍をはじめたという情報が入ったからであった。
 
しかし当のロビーは、戦後は堅気になり、リヴィエラに別荘を買いこんで呑気な暮しをしていたので、急に警官に追われる身となり、おどろいた。彼は旧友のベルタニ(チャールズ・ヴァネル)の経営する料理店に相談に行った。
 
ベルタニとロビーは、第二次大戦中、ドイツの飛行機により爆撃されたフランスの刑務所から脱走した仲間同志だった。ベルタニの指示でロビーはニースに行き、そこで保険会社の調査員ヒュースンに会った。
 

ヒュースンはロビーに宝石
狂いの母親と一緒に来ているアメリカ娘、フランセス・スティーヴンス(グレイス・ケリー)を紹介した。ロビーは木材商バーンズという仮名を使っていた。
 
彼はフランセスに一目で参ってしまった。
ロビーはヒュースンの会社の保険契約の名簿から南仏の金持の名前を調べあげた。「猫」が彼等の持つ宝石に目をつけて行動をはじめれば、その正体をあばくことができると考えたのである。
  


ロビーをドライヴに連れ出したフランセスは、自動車の上で彼の正体をあばいた。
フランセスは彼の本名を知っていたのだ。ある日、フランセスの母親の宝石が盗まれた。フランセスのロビーに対する態度は冷たくなった。
 
ロビーはそのうちにベルタニが犯人であることを臭ぎつけた。
ベルタニはロビーを殺そうとして間違って部下の1人を殺してしまった。やがてサンフォード家の仮装舞踏会の夜、ロビーは集まる紳士淑女の宝石を狙う「猫」の手下を捕えた。賊の口からベルタニの名が叫ばれた。「猫」は捕えられた。ロビーとフランセスは晴れて結ばれMovieWalker)
 
・・・


グレース・ケリーは、華々しい女優生活の後、モナコ王妃になったが1982年9月13日、自らハンドルを握りローバー3500を運転して南仏のロックアジェルの別荘からモナコに戻る途中に脳梗塞を発症。そのまま急カーブの坂道でガードレールに激突し道路横の崖を40メートルほど転落して自動車は大破。事故後すぐに病院へ搬送されたが意識が回復しないまま翌日に死亡(52歳)
 
泥棒成金」では、追跡している車をかわすため猛スピードで車を運転し、カーチェースを演じるが、グレースの死とダブって見えた。
 

古き良き時代のハリウッドの美男・美女の映画ではあった。ヒッチコックは、映画の冒頭部分で、バスの最後部座席の主人公のロビー(ケーリー・グラント)の隣に座り、例によって”ワンカット”出演している。
 
☆☆☆


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。