fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「青春の抗議」(米、1935) ベティ・デイヴィス主演。</span>


青春の抗議」(原題:Dangerous, 1935)を見た。日活でも同名タイトルの映画があるが全く別もの。キャサリン・ヘプバーンと並ぶ、ハリウッド映画史上屈指の演技派女優ベティ・デイヴィスが主演。ベティ・デイヴィスは当時27歳で全盛期の頃の作品。

1938年から1942年まで、主演の演技部門で5年連続でアカデミー賞にノミネートされたのは、グリア・ガースンと並び、アカデミー賞史上空前の記録
 


・・・
かつて美貌と才能を歌われた女優ジョイス・ヒースベティ・デイヴィスは、余りに自己中心的な性格の女った。ジョイスに近づいた男は、ある者は自殺しある者は富と地位を失い、ことごとくその身を亡ぼしていた。
 
遂に興行者は鬼門としてジョイスを避け、今では落ちぶれたジョイスは場末の安酒場で酔いつぶれていた。その頃新進建築家ドン・ベローズフランチョット・トーンは落ちぶれ果てたジョイスを見かけ、同情の念からジョイスを田舎の別荘に連れ帰った。


 
日が経つにつれて、ドンは次第に彼女の妖しい魅力にひきつけられ、とうとうある夜われを忘れてジョイスを抱擁する。しかし、ドンには良家の令嬢ゲール・アミテージマーガレット・リンゼイという美しい婚約者がいたのだった
 
彼は後悔してジョイスを忘れようと思った。しかジョイスの不思議な性格は、ますますドンの心に深く食い入って忘れ難いものとなった。ドンは心に悩みながらゲールにそのことを打ち明け二人の婚約を解消した。
 
かくてドンはジョイスのために莫大の金を出して、彼女を主役とする劇の興行を後援することになった。一方、ジョイスには、別居中で離婚に応じない夫がいたのだった・・・。
 
・・・
ベティ・デイヴィス演じるジョイスは、いまでは完全なアル中。
酒場で酔いつぶれてしまい、興行主に売り込みの仕事などをしている男が別荘に連れ帰るが、翌日の朝、使用人から「朝食です」と言われるが、朝から「お酒を」という程の飲んだくれ。「朝食前にか?」と言われるが、お構いなしに酒瓶が入っているガラス箱を割ってまで、酒瓶を取り出す始末。
 
デイヴィスは、前年の「痴人の愛」(原題:Of Human Bondage,1934)の演技が絶賛されたが、ワーナーのボスであったジャック・ワーナーが、他社に出演したデイヴィスに対して、露骨かつ意図的にデイヴィスを締め出しにかかったため、オスカーにノミネートさえされなかった
 
これに対して、評論家やファンはアカデミー事務局に抗議。デモ隊まで登場するほどの大事件となった。これは「オスカー史上の最も大きな過ち」と呼ばれる。アカデミーの長い歴史を振り返る上で、忘れ去られることの無い語り継がれるほど有名な話となったという。
 
こうした背景からデイヴィスに対する同情もあって「青春の抗議」では、主演女優賞を受賞したとも言われている。デイヴィスは、不本意で「オスカーはキャサリン・ヘプバーンに行くべき」と語ったという。

タイトルから見ると若者の反発のような印象だが、全く違っていて、中年の3角関係をさらりと描いている。離婚に応じない夫を車に乗せて、わざと事故るという荒業はあるが、結局はそれぞれ収まるところに収まって・・・という映画。
 
主な出演者:
ベティ・デイビスジョイス・ヒース(Joyce_Heath
フランチョット・トーン:ドン・ベロウズ(Don_Bellows
マーガレット・リンゼイ:ゲイル・アーミ・テージ(Gail_Armitage
アリソン・スキップワース:ウイリアムズ夫人(Mrs._Williams

☆☆☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。