fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「ビリギャル」好調!2位をキープ。1位は、あの映画。</span>

■「シンデレラ」V4、「ビリギャル」好調2位、「駆込み女と駆出し男」初登場3位

ディズニーの「シンデレラ」が日本の興行収入で、4週連続1位をキープし、公開23日間累計で動員316万人、興収40億円を突破した。



2位の「映画 ビリギャル」も負けじと好調をキープしている。
5月16日時点で動員120万人、興収14億7000万円を突破した。
17日には主演の有村架純土井裕泰監督らが大ヒット御礼舞台挨拶を都内劇場で行い、感謝を込めて大入り袋を配りながら客席を練り歩いた。

若者だけでなく親子など幅広い層を動員していることから、興収30億円も視野に入ってきたとのこと。先日、リゾートハワイアンズの旅行で、帰り際のバスで、参加者の一人に、「ビリギャル」を勧めたところ、昨日「カミさんと横浜で”ビリギャル”を見てきたが、隣で奥さんもうるうるしていた。またお勧めがあったら」とメールが来た。

映画ファンにとって、何がうれしいって、勧めた映画を見てくれて「見て良かった」と言ってくれることではないだろうか。

今のところ、今年のfpdの邦画No.1映画の地位は不動 だ。

大泉洋主演の「駆込み女と駆出し男」が全国311スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員12万8235人、興収1億5758万5500円を記録し、初登場3位スタートとなった。このところ、あちこちのブログでも取り上げられることが多い映画だ。

大泉が公開に向けて怒涛のプロモーションに奔走し、多くのメディアで露出。

リーアム・ニーソン主演の最新クライム・アクション「ラン・オールナイト」は、初登場9位。全国238スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員5万0580人、興収6422万6200円の成績。「アンノウン」「フライト・ゲーム」のジャウム・コレット=セラ監督との3度目のタッグ作品で、最終興収は4億円前後が見込まれる。

今週末は、松田翔太前田敦子が共演した「イニシエーション・ラブ」、ニール・ブロムカンプ監督の「チャッピー」などが公開される。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。