fpdの映画スクラップ貼

「映画」とその他諸々のブログです。

★きょうの「Googleトップページ」のイラスト女性は誰?

    f:id:fpd:20200122065126p:plain

きょうの「Googleトップページ」のイラスト女性は誰?早速調べてみると、ハリウッド女優のアンナ・メイ・ウォンとなっている。しかし、なぜ? 誕生日でも亡くなった日でもないのに…。その真相を調査すべくfpd取材記者が調べると…。

アンナ・メイ・ウォンは1905年1月3日生まれのハリウッド女優。

ハリウッド初の中国系スターとして今日まで歴史に名を残している。 アンナ・メイ・ウォンは本名をWong  Liu Tsong(黃柳霜)という中国系3世。14歳の時に「紅燈祭」(1919) のエキストラとして映画デビュー。16歳で「恋の睡蓮」(The Toll of the Sea)で初の映画主演。今日のGoogleロゴは「恋の睡蓮」の公開日である1922年1月22日を記念したものだという。 そんなので、Googleロゴを変更?(笑)。 

 f:id:fpd:20200122071711j:plain 「恋の睡蓮」

当時、米国は「黄禍論」(The yellow peril)の悪影響から東洋人への偏見が根強く、映画業界でも「フー・マンチュー博士」などといったおどろおどろしいキャラクターとして描かれることが多かった。アンナ・メイ・ウォンもこうしたステレオタイプに悩まされることとなる。

そこでアンナ・メイ・ウォンはヨーロッパへと活動の場を移し、往年の名女優マレーネ・ディートリヒと「上海特急」(1932)で共演するなど、順調にキャリアを築いてゆく。

     f:id:fpd:20200122065732j:plain 

      確かに「上海特急」でディートリッヒと共演している。

   f:id:fpd:20200122071134p:plain

   f:id:fpd:20200122115906j:plain f:id:fpd:20200122115925p:plain

しかしながら、1930年代後半になると欧州に戦禍の暗雲が立ち込める。アンナ・メイ・ウォンは米国へ戻り再びハリウッド映画に出演。しかし、アジア系のため役に恵まれず、1942年に映画界を引退。1961年に早すぎする死を遂げた。 アンナ・メイ・ウォン写真)は死後に再評価が進み、現在では彼女の名前はウォーク・オブ・フェームにも加えられている。

 ■「上海特急」記事:

映画「上海特急」(1932)マレーネ・ディートリッヒ主演。 - fpdの映画スクラップ貼