fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

★一連の健康診断のおおとりの「胃の検査」も終了♪

きょうは、市で推進している「健康診断」の胃がん検診を受けた。胃カメラではなく、レントゲン検査(以前は胃カメラ診断を受けたこともある:あれは、カメラを体の奥へ奥へと入れていくのだが、その様子を動画で見せられたりした)。造影剤のバリウムと、胃を膨らませる炭酸ガスを発生させる発泡剤を飲んで検査を受けるというもの。

   f:id:fpd:20191114201226p:plain

発泡剤を飲むとゲップを我慢しなければならない。途中で、胃が十分に膨らまなかったということで、二度目のバリウムを少々飲むことになった。

膨らんだ胃の粘膜にバリウムを付着させるために、レントゲン技師の指示で、身体を仰向けうつ伏せ左右に回転させるのだが、滝沢クリステルではないが「斜め45度に体を傾けてください」という指示もでる。これらが動きにくくて厄介だった。

バリウムは時間と共に粘膜から剥がれ落ちてしまうため、撮影を行いながらバリウムを付着させる(身体の回転)を繰り返すのだ。

「もう少しですから我慢してください」などと数回言われて、終わってホッとした。

結果は3週間後。

朝食は抜きだったので、昼は「スパゲッティナポリタン」(セブンイレブン)を食べた。ピザは近いうちに・・・。