fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「蜘蛛の巣を払う女」の新予告編が解禁(2019年1月11日公開)</span>





デヴィッド・フィンチャー製作総指揮による「ドラゴン・タトゥーの女シリーズ最新作映画蜘蛛の巣を払う女」(原題:The Girl in the Spider's Web、2018)の新予告編が昨日(1日)、解禁となった。

姉妹に秘められた忌まわしい記憶復讐の罠に、リスベットは絡めとられる…。
原作はもちろん全世界累計9000万部以上のスウェーデンのベストセラー・ミステリー「ミレニアム」シリーズ。

小説「ミレニアム」シリーズ第4弾「ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女」の映画化作品。映像記憶能力を持つ天才ハッカー・リスベットが新たな陰謀を探っていくうちに、自身の忌まわしい記憶と葬り去った残酷な過去に向き合うこととなる。
 
予告編では、アメリカ国家安全保障局から核攻撃プログラムを奪還するように命じられたリスベットに待ち受ける、謎や試練の一部が映し出される。

さらに、16年前に別れた双子の姉妹カミラも登場。
2人が対峙する緊迫のシーンでは「リスベット、知ってる? 蜘蛛が自分の巣にかからない理由を」と意味深な言葉を発するカミラに、リスベットは銃を向ける。謎に包まれたリスベットの過去や、彼女の過去の真相を知る妹の目的も気になるところ。

主人公リスベット役は、ルーニー・マーラから「ファースト・マン」のクレア・フォイにバトンタッチ。またリスベットと双子の姉妹であるカミラを「ブレードランナー 2049」のシルヴィア・フークスが演じている。

監督は、前作のデヴィッド・フィンチャーに代わって「ドント・ブリーズ」「死霊のはらわた」といったホラー作品を手掛けたフェデ・アルバレスが担当。新たなキャストと監督を迎え、シリーズが7年ぶりに再出発を果たす。

日本公開は、2019年1月11日(金)全国ロードショー


「ミレニアム」シリーズの大ファンであるguchさんにとっては、待ち遠しいでしょうね♪



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。