fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「ノウイング」(2009)ニコラス・ケイジ主演のパニック映画。</span>



ノウイング」(原題:Knowing2009)を見た。
アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス監督B級パニック・ディザスター・ムービー。数字で埋め尽くされた不思議な紙を入手し、やがて驚愕の事実を知る大学教授をニコラス・ケイジが熱演。アイデアはいいものの、ラストシーンで・・・。


 
・・・
1959年、ルシンダ・エンブリーとういう少女は太陽を見つめながら不義なささやきを聞き、小学校のタイムカプセルに数字が羅列されたなぞの紙を提出するその後ルシンダは行方不明となり、教師のミス・タイラーによってクローゼットに数字の羅列を刻んでいるところを発見され



50年後の現在、同じ小学校に通う生徒であるケイレブは、父子家庭で父親のジョンニコラス・ケイジはMITの天文学の教授。

50年前のタイムカプセルを開ける式典で、生徒たちが書いた未来の絵を取り出すが、その中に数字だけが書かれた紙を見つけたケレイプはその紙を持ち帰



ケレイプのカバンの中からメモを見つけたジョンは、数字の羅列になにか意味があるのではと解読を始め。そして9112001年9月11日の爆破テロ)の数字から、数字が事件の日付と死者数を示していることに気づく



ジョンは同僚のフィルに相談するが聞き入れてもらえない
しかし、81人の死者を及ぼす出来事が明日に迫っていることを数字は示している。ジョンはルシンダに会うためにミス・テイラーのもとを訪れ。ルシンダのメモについて聞くことができが、ルシンダは死んでしまっていた。

豪雨のなかケレイプの迎えに行く途中でジョンは日付と死傷者以外の数字が緯度と軽度を示していることに気がつく。事故が起こることに気づきながらも、ジョンは事故を防ぐことが出来ずに飛行機の墜落事故によって81人が無くなってしま



ケレイプは家で謎の男たちに出会い、ヘラジカが燃えているのを見かけ。ルシンダの娘ダイアナは、その娘のアビーを探し出す。ジョンはケイレブを妹のグレースに預け、次の事件を防ごうとNY向か太陽フレアの影響でまたしても死者を防ぐことができなかった

ジョンが家に帰るとダイアナとアビーが家にいた。
ルシンダが最後に書き残したメモには「EE」の文字があり、ジョンは太陽フレアの影響で人類が滅亡することを悟り。ダイアナはアビーとケイレブを連れて洞窟へと向かい、ジョンはルシンダが最後に書き残した座標を知るために学校を訪れ

しかし謎の男によってアビーとケイレブは連れ去られてしまい、それを追ったイアナは事故死んでしま。ジョンは座標の場所にたどり着が、アビーとケイレブは謎の男たち4人によって宇宙へと向か



ジョンは人類の生存のため選ばれた二人を見送り、両親と妹とともに最後の時間を過ご太陽フレア爆発現象で地球は滅びてしま
 
・・・ 
避けることのできない“地球消滅”のXデーに向けて、人類は一体何を残せるのか・・・といったホラーパニック映画である。

タイトルの「KNOWING」とは、未来の結末をあらかじめ知ってしまうという恐怖を示している。

ラストでは、映画「未知との遭遇」のように、雲が割れて空から宇宙船が降りてくる。そして宇宙人の登場。口を開けて呆然とするニコラス・ケイジ。このシーンがあったために、それまでのミステリーっぽい展開が、SFのようなエンディングになってしまった。似たようなタイトルの映画「アンノウン」もあり紛らわしい。



飛行機の墜落、地下鉄の暴走・脱線シーンは、パニック映画としても迫力がある。
ニコラス・ケイジはB級パニックやアクションが似合う?。


★★

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:ついでにクリック・ポン♪。