fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「グッド・ウイル・ハンティング/旅立ち」(1997)</span>



グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」(原題:Good Will Hunting1997は長年気になっていた未見映画の1本だったがようやく見ることができた。

ロビン・ウィリアムスマット・デイモン主演ヒューマンドラマ。
およそ20年前の映画で、当時新人のマット・デイモンも共演のベン・アフレックも若い。脚本はマット・デイモンベン・アフレックが担当。アカデミー賞ゴールデングローブ賞脚本賞を受賞して話題となった。ロビン・ウイリアムアカデミー賞助演男優賞を受賞。
 
数学などの天才だが、過去に受けた虐待が原因で暴力問題などを起こして鑑別所入りを繰り返す少年ウィル・ハンティング(マット・デイモン)と心理学者ショーン・マグワイアロビン・ウィリアムス)の心の交流を描いている


ショーン・マグワイアロビン・ウィリアムス)(左)とウィル(マット・デイモン
・・・
フィールズ賞受賞者でマサチューセッツ工科大学(MIT)数学科教授のジェラルド・ランボーステラン・スカルスガルドは、数学科の学生たちに代数的グラフ理論の難問を出す。世界屈指の名門大学生たちが悪戦苦闘する中、いとも簡単に回答を出す者が現れた。その人物は学生ではなく、アルバイト清掃員のウィル・ハンティングマット・デイモン)だった。

ランボーはウィルの非凡な才能に眼をつけ彼の才能を開花させようとするが、ウィルはケンカをしては鑑別所入りを繰り返す素行の悪い青年だった。ランボーはウィルを更生させるため様々な心理学者にウィルを診てもらうが、みなウィルにいいようにあしらわれサジを投げ出す始末。ウィルは幼い頃に養父から受けた虐待がトラウマになっていた。

最後の手段として、ランボーは学生時代の同級生でバンカーヒル・コミュニティ・カレッジ心理学を教えるショーン・マグワイアロビン・ウイリアムを紹介する。ショーンとランボーは不仲であったが、ウィルの更生のため協力することになる。

当初、ウィルはショーンをからかっていた。またショーンは、妻を亡くして失意の中にある中年大学教師であった。心を開かないウィルと妻を亡くしたショーンは、互いに深い心の傷を負っていることを知り、次第に打ち解けていく。

ランボーの苦悩、ショーンの孤独、ウィルとハーバード大学の女学生スカイラーミニー・ドライヴァーとの恋などを通して、ウィルが徐々に成長していく姿を描いている(Wikiより)
 
・・・
1972年ごろのMIT(マサチューセッツ工科大学)。数学の講義を終えたランボー教授ステラン・スカルスガルド廊下の黒板に難しい数式を解いた正解の数式を発見、次の講義で聴講学生に名乗り出るよう問いかけるが誰もいなかった。


            ジェラルド・ランボー教授ステラン・スカルスガルド


ある日、黒板に二度目の「落書き」が書いてあるのを発見、「驚いたな」とこれを書いた若い男を呼び止めるが立ち去ってしまう。やがて、若いアルバイトの清掃員が”天才の正体”であることがわかる・・・といった滑り出しから引き込まれる。

ウィル・ハンティング(マット・デイモンは、頭はいいが、ケンカの常習犯で、人付き合いも避けるほうで、警察につかまり保護観察付となる。

ランボー教授は、ウィルが100年前のインド人で数学の天才とうたわれたラマヌジャンと同様、育ちが下町のスラム街であることなどから、100年に一度の逸材と見抜き、保護観察を申し出て、自由にさせ、心理学ショーン・マグワイア教授(ロビン・ウイリアム)に会わせる。ショーンとウィルは、議論を戦わすが、ショーンは人生経験がにじみ出るような説得力のある言葉をウィルに投げかけ、徐々にその閉ざされた心を開いていくところが見どころとなっている。
妻をがんで亡くしたショーン・マグワイア妻が病気になった時には仕事を辞めて、できる限り多くの時間を彼女と過ごすようにし妻が亡くなった時ショーンは悲しみの底に落ちたが「後悔なんてしていない」ときっぱりという。
ショーンは自分が昔、女の子に会いに行くために、大切なプロ野球の試合観戦をすっぽかしたことをウィルに話す。ウィルは信じられない様子。レッドソックスの優勝した瞬間の試合だったからだ。

ウィルの親友のチャッキー・サリヴァンベン・アフレックに、20年後も、今のように工事現場で働いていてもいいとウィルが言うと「お前はオレとは違う。宝くじの当たり券を持っているようなものだ。みんながほしがっているものを無駄にするな。もし20年後も工事現場でなんか働いていたら、俺がぶっ殺してやる」というのだった。
チャッキー・サリヴァンは親友ウィル才能気づいていたということだった。
チャッキーは毎日ウィル・ハンティングを車で迎えに行き、酒を飲んだり何か馬鹿をするのも楽しいと言う。しかし、もっともわくわくするのは、朝ウィルの家に行ったらウィルがいなくなっていることを想像する瞬間だというのがいい
ウィルは、ショーンの郵便受けにメモを入れて、車で立ち去る。そのメモには「ショーン、もし教授が就職の件で電話したら、女の子に会いに行かなきゃいけないんだって言っといて」と書かれていた。

ショーンは、かつて野球観戦に友人と行く予定急用で断ってしまったその時に行ったセリフが「女の子に会いに行かなきゃいけない」だった。このメモを見たショーンは満足げな表情を浮かべるのだったかなり憎いセリフ。
ウィルは教授の紹介で決まった就職をするかと思いきや、サンフランシスコに越した別れた彼女スカイラーを追って、車を走らせたのだった。
 
様々なセリフも味わい深かった。
白熱した言葉の応酬も見ごたえがあった。
映画撮影当時27歳だったマット・デイモンが一躍、有名になった映画として特筆される。
 
 
☆☆☆☆


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:
ついでにクリック・ポン♪。