fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「上流社会」(1956)</span>


 
上流社会」(1956、原題:High Society)は、かつてテレビの洋画劇場で見たことがあるが、酒を飲むシーンだけは記憶にあったが、BSフジで放送されていたので再見。モナコ王国の国王妃となったグレース・ケリーの最後の出演映画としても記憶に残る。キャサリン・ヘプバーン主演の1940年の映画「フィラデルフィア物語」のリメイクでミュージカル版である。
 
・・・

 
社交界の華トレイシー・ロード(グレース・ケリー)はわがままぶりが災いして、幼馴染で人気ジャズ・ミュージシャンのC・K・デクスター・ヘブン(ビング・クロスビー)と離婚。トレイシーは堅物のジョージとの再婚を間近に控えていたが、彼女の事を忘れることが出来ないデクスターはゴシップ誌「スパイ」の記者マイク(フランク・シナトラ)とリズ(セレステ・ホルム)と連れてきて、彼女の再婚を妨害しようとする。しかし、マイクもトレイシーに恋してしまい、一人の女性と、三人の男性の複雑な恋愛ゲームの幕が開ける・・・。
 
 「上流社会」の1シーン。
 
・・・

 
出演者が豪華。
 
グレース・ケリーの美貌とスタイルがいいのは驚き。パーティが開かれる大邸宅が豪華絢爛。”うさぎ小屋”と揶揄される日本とはけた違いのスケールに圧倒される。
 
この映画では、グレース・ケリーは、かなりハイテンションで、大酒を飲んで、前の日の記憶も消えてしまうほど。ビング・クロスビーは貫録。ジャズ界の大物”サッチモ”(アームストロング)もさすが。
 
コミカルで、明るい音楽映画としても第一級の映画だ。
 
依然として名作へ進路は向かっている?
 
☆☆☆☆
 
 
ブログ村に参加しています。下記クリック・ポン♪。