fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">女優:板谷由夏・・・映画「ガール」のシングルマザー役</span>


          (左から)吉瀬美智子香里奈麻生久美子板谷由夏
 
この映画「ガール」を見るまでは、板谷由夏(いたや・ゆか、36歳)といっても、誰だっけという印象だった。ガール」の主演4人組の一人で、唯一「?」の女優だった。
 

見たことはないか映画出演作品を調べたら、お気に入り映画「歌謡曲だよ、人生は
に出ている。10ものオムニバス映画だったので、強弱があって記憶にないが「美しい女」という役で出ている。「大奥」も見たが、あの通りの有名俳優・女優が総出演の映画で、脇役までは気がつかなかった。
 
ガール」は、その点で、強いインパクトを残して記憶に刻まれた。3年前に離婚して、小学生の男の子供が一人のシングル・マザーだが、まわりの女友達が、頑張りすぎだよ、というくらいに奮闘する。
 
・家政婦を雇って、子供の面倒を見てもらっているが、夜8時を過ぎると、家政婦の超過手当が発生するので、毎日走って、アパートのらせん階段を駆け上がり時計を見ると、1分前位にギリギリ帰宅。きょうも「セーフ」。
 
・子供が学校で、鉄棒の逆上がりができないことを知ると、ひそかに公園の鉄棒で
練習。近くの顔見知りの工員から、「コツ」を教えてもらい、できるようになると、”できたァ~!”と無邪気に喜びあう。
 
・さっそく、子供を公園に連れていく、(自分が教えられた通りに)「両肘はね、身体に
くっつけて、上を見て・・」と教え、何十回か、練習するうちに、できるようになり、親子で「できたね」と喜びあう。
 
・公園で弁当を食べていると、目の前で、父親と子供がキャッチボールをしている。
となりの息子も本当は父親とキャッチビールをしたいんだろうな、と思って、後日、練習。これも、工員から教えてもらう。どうしても、”女投げ”になってしまうらしい。なんとかキャッチできるようになり、子供とキャッチボールを始める。子供のほうがうまくボールを受け取れない。こどもがいう。「お母さん、ボク、お父さんがいなくても大丈夫だよ」。こどもの気づかいが胸に痛い。
 
このシングルマザーの頑張りすぎに、女友達たちは「あまりがんばらなくても」と慰めるのだが、本人にしてみれば、「シングル・マザーだから」とか同情されるのが、一番嫌うところ。シングル・マザーは、社会的弱者か!という反発の思いもある。
 
・「自分で頑張るって決めたことだから、がんばらせてよ」という言葉が印象に残る。
このあたりの毎日の生活に疲れた表情など、リアル。
 

ところで、小学校の頃、「鉄棒の逆上がり」と「跳び箱」というのは、苦手だった。
 
運動神経は、よくなかった。近所の小学校の友達、先輩・後輩とソフトボール、小さな川での泳ぎなどは毎日だったが。
 
                くるりん!」、とはいかなかったようだ。
 
今でも、逆上がりはできないだろう(たぶん)。
水泳は、川で泳いでいたが、自己流で、何メートルでも泳げる(と思っていた。)
 
先日、久しぶりに市営の健康ランド施設で、泳いだ。4コースあり、初心者コース、中央2コースが、泳げる人のコース。最後の1コースは、おもに水中歩行コースで、健康のために、年配者が、水中を歩いている。
 

いきなり真ん中の25メートルコースで、スイスイっと泳ぎ始めたが、往き、帰りともに途中で息つきをしていると、ついに、見張り番に呼び止められ、
このコースは、25メートル以上泳げる人のコースです」と言われてしまった。ガツゥーン! と大ショック。
 
悔しさを堪え(?)、となりの歩行コースで意地になって、4-5回も、お年寄りに交じって、海中歩行する、ここでは若いfpdだった。
 
主な出演映画
avec mon mari(1999年)- 麻生美都子
光の雨(2001年)- 月田てる子
ドッジGO!GO!(2002年) - 山田佐知恵
Tokyo.sora(2002年) - ヨーコ
黄昏流星群(2002年) - 今井美奈
SURVIVE STYLE5+(2004年) - 社長秘書
運命じゃない人(2005年) - 倉田あゆみ ☆☆☆
欲望(2005年) - 青田類子
ベルナのしっぽ(2006年) - 伊藤啓子
アキハバラ@DEEP(2006年) - ユイ
サッド ヴァケイション(2007年) - 椎名冴子 ★★
クローズド・ノート(2007年) - 山崎星美 ★★
歌謡曲だよ、人生は(2007年) - 美しい女 ☆☆☆
1303号室(2007年)
大奥(2010年) - 大岡忠相 ★★
アウトレイジ(2010年) - 大友の女 ☆☆☆
ガール(2012年公開) ☆☆☆
ホタルノヒカリ(2012年) - 山田早智子 ★
僕たちの家族(2014) 
 
 
↓下のクリックが少なく、順位が右肩下がりで急降下中(笑)。
「にほん映画村」に参加してます:クリック↓♪。