fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「クヒオ大佐」(2009)</span>

 
クヒオ大佐」(2009)は、昨年10月公開された日本映画。
 
米特殊部隊ジェットパイロットというジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐堺雅人)だが、実はとんでもない詐欺師だったという話。
 
華麗なる経歴と流暢な日本語で次々と女性をだますクヒオは、今は弁当屋の女社長・しのぶ(松雪泰子)を夢中にさせているにも係わらず、博物館のエリート学芸員の春(満島ひかり)や銀座のホステス・未知子(中村優子)もその毒牙にかけようとしていた。しかしそんな中、しのぶの弟・達也に、クヒオが詐欺師だと見抜かれてしまい・・・(HPより)。
 

クヒオ大佐」を演じる堺雅人は、つけひげを付け、外国人らしく、”変な日本語”を話し、自分はパイロットで、結婚すれば支度金が5,000万円出るなどと言って、気に入った女性に近づいていくという役柄。
 
動きも、姿勢をただした、やや滑稽な(チャップリンのような)歩き方。
 
普段は、腕立て伏せなどで、身体を鍛えている。
 
そんなに簡単に女性をだませると思い込んでいるのか、不思議な気がするが、そこは映画。
 
実際にあった結婚詐欺事件をモデルにしているようだ。堺のたんたんとした、女たらしの言葉が続く中、嘘を現実と思い込んだような絶叫の怪演も見せる。安藤サクラも出演。
 
現実と空想の交じったシーンも登場。
 
いちずで疑うことを知らないしのぶは、一緒に死のうと言い出して、毒キノコをお互いに食べることになるが・・・。
 
博物館の学芸員は、現代的な若い女性で、同僚などから、クヒオ大佐は怪しいといわれるが、お金もない自分になぜ、近づいてきたのか知りたくて、クヒオを追いかけ、問い詰めるが・・・。
 
銀座の高級クラブのホステスは、クヒオが金があるとみて、逆に自分の独立をサポートしてもらおうと思うが・・・。インチキを見抜いており、おバカな「クヒオ」と陰で笑う。
 
このところ、男優では堺雅人の映画を立て続けにみている(気がする)。
 
あらゆる映画で、“熱い”演技を見せる。
 
ゴールデン・スランバー」では、見えない敵に追われる恐怖を体現。
 
南極料理人」では、8人の男たちで、南極に1年半暮らし料理を担当するが、帰国後は元の平凡生活に戻る。
 
ジェネラル・ルージュの凱旋」では、独特の語り口で、自分を陥れようとする輩と対峙する。
 
ジャージの二人」では、親子の息子を演じて、ゆったり、まったり感を、うまく演じていた。
 
クライマーズ・ハイ」では、熱血漢ぶりを演じた。
 
日本映画の注目男優の一人だ。
 
主な出演映画:
 
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「にほん映画村」に参加しています:
ついでにクリック・ポン♪。