fpdの映画スクラップ貼

「名作に進路を取れ!」…映画とその他諸々のブログです。

<span itemprop="headline">映画「八甲田山」と加山雄三</span>


日経新聞の「私の履歴書」は、加山雄三が続いている。7月28日付は、加山が「八甲田山」に
出演したときの模様が語られていて興味深い。

映画「八甲田山」(1977)の監督は、森屋司郎で、森谷監督は、黒澤明監督の下で、長い間チーフ
助監督を務めた人で、加山は「黒澤流のリアリズムが徹底している」と述べている。

八甲田山」は、八甲田雪中行軍遭難事件を題材にした山岳小説がベース。
音楽を聴くたびに、あの人間を寄せ付けない雪の吹雪が目に浮かびます。

撮影の時には、連日連夜の猛吹雪だったそうで、地元のエキストラなどは、20人くらいまとまって
集団でよく逃げ出して行ったというほどの厳しさ。

加山雄三が演じたのは、青森隊の倉田大尉役。

北大路欣也が演じた神田大尉を補佐する役。実際に、吹雪の中の急斜面を登る場面で、加山が
北大路を危なそうになったときに、下から支えて助けたという。後に、北大路は、加山の息子と
共演した折に、「君のお父さんに助けられた」と語っていたという(いい話ですね)。

加山といえば、スキーなどスポーツ万能。スノーブーツに、カイロを用意して、
寒さ対策も怠りなし。他のスタッフには、内緒だったようで、「加山さん、寒くないの?」
と聞かれても「いや、別に」と答えていたそう(笑)。

現実の八甲田雪中行軍遭難事件というのは、日露戦争直前の1902年(明治35年)に、ロシアとの
戦争に備えた寒冷地における戦闘の予行演習として、また陸奥湾沿いの青森から弘前への
補給路をロシアの艦砲射撃によって破壊された場合を想定して、日本陸軍八甲田山で行った
雪中行軍の演習中に、参加部隊が記録的な寒波に由来する吹雪に遭遇、210名中199名が
死亡したというもの。

映画は、これに題材をとり、フィクションを加えて希に見るオールスターキャストで
重厚な映画に完成させている。


記事は一度取り上げている:
http://blogs.yahoo.co.jp/fpdxw092/44996591.html
ソフトバンクのCMのバックに「八甲田山」のテーマ曲が流れていたので、
もう一本記事を:
http://blogs.yahoo.co.jp/fpdxw092/55873961.html


加山雄三にとっては、前年までに、数年間で負債を返済(完済)し、映画に
カムバックした記念の映画となった。そしてしばらく”若大将シリーズ”を中心に
”第二次加山ブーム”が続くことになった。